アルバイトしかしたことない大学生が「雇われるリスク」について言いたいことを全部言う

雇われるリスク
あーむー

こんにちは。

コミュ障が原因で就職から逃げたら会社員の給料超えちゃったあーむーです

1日1時間で月70万稼げるようになった詳しい話はコチラ

 

僕は回転寿司のアルバイトしかしたことがなく、そのあとは自分の力で稼げるようになりました。

 

そんな就職もしたことない僕が「雇われるリスク」について語ります。

自力でお金を稼げるようになった人から見た、自力でお金を稼げない人について思うことを全部書きます。

 

起業することのリスクはよく叫ばれる

 

僕が小さいころからなぜか、「起業はリスクが高い」「才能がないと失敗する」「借金を抱える必要がある」みたいなことが考え方として定着してしまっていました。

そうなると自動的に選択肢は、「雇われる」という選択肢だけになります。

 

 

しかし本当に起業することはリスクなのでしょうか?

僕は1人で事業をして月に20万以上稼いでいますが、借金はしていません。

 

最近だとブロガーやYouTuberなどが有名ですが、彼らもその活動をするために借金はしていないはずです。
(もとから借金がある人はいると思いますが)

 

なぜなら、彼らに必要なのは動画をとる環境、つまり極端に言えばiPhoneだけです。

そして動画をユーチューブにアップロードしてたくさん再生されればお金が稼げるわけです。

 

 

これのどこにリスクがあるんでしょうか?

少なくとも借金を抱えるリスクはありません。

あるとしても成功しなかったら時間が無駄になるくらいです。

 

 

僕のイメージと違いすぎてネットビジネスに出会ったときはマジでビビりました。

 

「パソコン1台でできるの?」

「たった1人でできるの?」

「1万円程度で起業できるの?」

「収入に上限はないの?」

 

リスクないしどこでもできるし社会に出たくないし遊ぶ時間ほしいしお金ほしいから始めました。

 

就職しないでよくなり、

会いたい人にいつでも会いに行け、

お金がないことで何かを我慢することもなく、

住む場所を縛られることもなく、

人生の選択肢が増える。

 

 

それでたとえ5年後にでも月収100万になればそれでよくね?って思いました。

会社員やっても5年で月収100万は無理、というか一生無理です。

それなら時間かかってもいいから自分がなりたい未来に近づく法を選ぶ。

 

かなり自然なことだと思うんですけどねえ。

 

 

サラリーマンは安定なのか?

 

うちの家族や親せきなどもみんな雇われてる人がほとんどなので、いい大学に行って就職したり公務員になると褒められます。

 

 

しかし僕からすると、「サラリーマンって会社依存だしリスク高くね?」と思うわけです。

 

 

例えば僕が今やってる事業で誰かを雇うとします。

僕としては今の事業は長く続けるつもりもないので、いつかなくなります。

事業たたんだら入ってきた人は仕事を失うわけです。

 

そうなると僕に振り回されることになりますよね?

それってリスクなのでは?

 

まあ僕の場合はいつでもたためるように誰かを雇ったりすることはないですが、いずれにしても経営者の判断1つで仕事の存続が決まってしまうというのはかなりリスクが高いと思います。

 

 

そして公務員は国が管理しているので大丈夫かと思いきや、いま日本は借金大国なので本当に大丈夫なんでしょうか・・・?

破綻して国がシステムとして回らなくなるのって会社の倒産と変わらないと思いますが。

 

「サラリーマンは安定」「公務員は安定」みたいに言われていますが、いずれにしても雇われているわけで、時間をお金に換えている点で僕は自由度が低くて嫌ですね。

 

雇われている人は時間をお金に換えているという話

 

雇われるリスクはある

 

「サラリーマンは安定」って、”経営者はみんな才能があって倒産なんてさせない”という前提じゃないですか。

 

なのにその経営者って、

・社員を過労死させたり

・会社を倒産させたり

・残業が月100時間超えたり

・サビ残させたり

みたいなことをする人もいるわけです。

 

 

そんなやつに才能があるわけないじゃん。

そんな経営者がいる時点で「サラリーマンは安定」という構図は存在してません。

もしかしたら自分より能力低い奴が経営者してるなんてこともあるはずです。

 

何それ超怖い。

がくがくぶるぶる

 

 

僕が思ういろいろなリスクを下記から書いていきます。

 

会社の倒産

 

当たり前ですが、働いている会社が倒産するのはリスクです。

そしてまだほとんどの場合、会社が倒産したらそこで働いている人も共倒れするんじゃないかなーと思います。

 

最近は人手不足が叫ばれているので就職先が見つからないことはないと思いますが、それでも受け取れる給料が変わったり会社の距離が遠くなったりというのはリスクですよね。

 

1つの会社に依存すればするほど、その会社でしか役に立たないスキルしかなくて転職しても使い物にならないこともあるみたいですし。

 

 

その中でいうとIT系の仕事は常にスキルアップのために転職を繰り返すのが当たり前のようなので、倒産してもほぼ無傷な気がしますね。

 

会社におんぶにだっこしてもらう時代は終わったので、少なくとも自分の価値を高めることが必須です。

 

 

病気、過労のリスク

 

病気、過労などで働けなくなるリスクもあります。

それこそ日本では最悪の場合過労死などの実例がいくつかあるので、全然他人事ではなく、毎日8時間以上働いていれば誰にでも起こる可能性はあると思います。

 

 

また、1日8時間以上会社に縛られるため、地域によっては運動不足などで生活習慣病にかかるリスクもあります。

 

僕は本気で、「東京の人は本当によく歩くなー」と思ってます。

沖縄は車社会で電車がないので、移動手段は全て車です。

車生活ってびっくりするほど歩きません。

家から出たらすぐ車。店の近くに車を止めて、帰るときも車。

全然歩かない。

なんなら数百メートル程度の徒歩で行ける距離も車で行く人多いです。

 

 

東京に旅行に行ったとき、10キロ以上を普通に歩いていて足が痛すぎて夜寝られませんでした(笑)

 

あーこれは健康になるな。と思いました。

地方の車社会の地域だと肥満率高そうですがどうなんでしょう?

少なくとも沖縄はそういう人多いです。

 

 

運動不足だと分かっていても1日8時間以上働いてたらジムに通う時間もなかなかありませんよね。

 

1つの会社に依存してその会社からの給料で生活している場合、働けなくなったら給料も支払われず家族を養うこともできなくなります。

 

10年間は順風満帆な生活を送れていたのに、仕事の疲れで体調を崩して1か月入院・・・となった瞬間生活が困難に。

なんてこともあるわけです。

 

 

「それは自分でお金を稼いでいても同じだろ!」

と言われるかもしれませんが、お金が稼げる仕組みを持っていたら自分が働かなくても稼げるので、生活が困難になることは考えにくいです。

 

また、起業家などお金がある人ほどしっかりジムなどに通って体調を整えている人が多いです。

時間の重要性を知っているので、健康でいれば病気で時間を失うこともないので非常に合理的なのです。

 

 

雇われていると時間を失い、時間を失うと体調管理がおろそかになり、どんどん働けなくなるリスクが高くなります。

これから仕事しながら家庭を持つことを考えても、自分の体調を管理してしっかり家族を守るようにしたいですね。

 

 

その仕事いつまで続くの?

 

最近だと、「AIに奪われる仕事、奪われない仕事」のようなことが話題に上がっています。

 

正直どこまで奪われるかはわかりませんが、少なくとも単純労働など、だれにでもできる仕事ほどAIに奪われる可能性は高くなりますよね。

 

奪われてしまった場合、職を失うか、それとも超低賃金で働くかのどちらかになると思います。

人間がしなくてもいいことをわざわざ人がやることに価値はないですからね。

 

 

経営者としても人件費を払い続けるより、テクノロジーを使ったほうが安上がりです。

 

Amazon Goという無人のコンビニがありますが、コンビニのレジに店員が必要なくなる時代に突入しています。

 

マクドナルドもスマホで注文できるアプリをリリースしています。それを使えば、お客さんが欲しいものを決めて決済までしてくれてあとは受け取るだけです。

「いらっしゃいませー」「ご注文はお決まりですかー?」

と言っている人たちが必要なくなるわけです。

 

 

マクドナルドの店舗数は全国で約3000店あり、仮に1店舗当たりレジに2人の人がいたと考えます。

スマホアプリでみんなが決済するようになると6000人分の人件費が必要なくなるわけです。

平均時給800円だとしてもそれだけで480万円の人件費が浮きます。

 

やばいですよねこれ。

 

毎時間480万の利益が出続けるわけです。

経営者だったら絶対やりますよねこれ。

 

 

とまあこんな感じで、テクノロジーを活用していけば経営者はどんどん利益を出しやすくなり、人を使わないことによって効率化できるし管理も楽なわけです。

 

そしてそのテクノロジーの一部をうまく使って稼いでいるのがせどらーやブロガー、YouTuberなどの職業です。

 

しかもグーグルやユーチューブなどは無料で使えるので、その無料のものを使って稼ぎまくることができます。

リスクがマジでなさすぎる。

 

 

あと自分の力で稼げるようになると時間も増えると散々言ってますが、その余った時間で次のリサーチもできるのでさらに有利ですよね。

 

「新しい技術が生まれた。これを使えばここの作業に人が必要なくなる。」

「今やってる事業はそろそろAIに奪われそうだから、次の事業を始めるか。」

みたいなことを考える時間があるのです。

 

に対して、働いている人は目の前のことで精いっぱいなので、世界で今どんなことが起きているのか調べる余裕がありません。

だからチャンスが来ても気づけないので、つかみ取ることもできないのです。

 

次の準備をすることなくいつの間にか仕事がAIに奪われてしまうかもしれません。

「生活はどうしよう。」

「家族はどうなる?」

「これから生きていけるのか?」

そうなっては遅いですが、実際そのようになる人は多いのではないかと思います。

 

まとめ

 

雇われないリスクは話される割に雇われるリスクは語られていなかったのでいろいろ語ってみました。

・サラリーマンは安定ではない。そもそも安定は存在しない

・会社が倒産したら共倒れする

・病気や過労で倒れるかもしれない

・AIに仕事を奪われるかもしれない

 

やっぱり雇われるにせよ雇われないにせよ生活するために自分のレベルを上げるのは必須ですね。

生涯学習。

 

コミュ障大学生が月70万稼ぐことができたわけ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です