【自分の力で稼げないリスク】給料だけで生活すると自動的に生活も心も苦しくなるたった1つの理由

給料だけだと自動的に生活が苦しくなる
あーむー

こんにちは。

コミュ障が原因で就職から逃げたら会社員の給料超えちゃったあーむーです

1日1時間で月70万稼げるようになった詳しい話はコチラ

 

僕は大学1年の時に、高額塾というネットビジネスを教えてくれる塾に入りました。

当然お金はなかったので、当時はクレジットカードの分割払いで毎月4万5,000円の支払いを2年続けました。(最近やっと完済しました)

 

 

正直あの生活はかなり苦しかったです。

バイト代は月々6万円ほどで、そのうち4.5万円が返済で毎月支払われるわけです。

そして残った1.5万円から毎日大学に通うためのガソリン代が1万円ほどかかり、さらに毎週セミナーに参加してその参加費(場所代)が月2400円。

バイト先にはまかないもなかったので毎回コンビニでパンを買ったりしていると、自由に使えるお金はほとんどありませんでした。

 

 

そうなると、心に全然余裕がなくなるんですよね。

当時はお金を稼ぐために高額塾に入りましたが、みんなが3カ月以内に結果を出していると聞きながら5カ月たっても全然成果が出なかったので、本当に苦しかったです。

彼女の誕生日や自分へのご褒美などに使う余裕もなく、どんどん心が狭くなってケチになっていきました。

 

 

 

そして今そのような生活を送っているのが僕の彼女です。

就職して働いている彼女と一緒に生活していますが、

「給料入っても全然残らない」

「全然貯金がたまらない」

という状況で、社会人の大変さを僕も日々感じています。

 

 

彼女の収入的には沖縄ではいいほうなのですが、それでもやはり親元を離れると生活するのはかなり大変です。

引っ越してからいろいろハプニングもあって、僕がいなかったら金銭的に絶対生活できなかったという話をよくします。

 

 

ちなみに親に話を聞いたところ、沖縄は賃金が低いので就職しても実家から出て一人暮らしするのは普通は無理とのこと。

うちの両親も結婚するまでは実家暮らしだったそうです。

 

 

ということで今回は、”給料だけで生活することのリスク”について語っていこうと思います。

 

 

決まった金額の中で考えることしかできない

 

まず第一に、固定費がかかるとそこを削ることは難しいですし限界があります。

固定費というのは、家賃、光熱費、食費など、生活するうえで欠かせない費用のことです。

 

 

例えば、手取りが15万だとして、家賃5万、水道光熱費2万、ガソリン代2万、食費3万、携帯代5000円と仮定すると、自由に使えるお金は

15万ー12万5000円=2.5万円

となります。

 

この2.5万円から、服を買うなどの趣味や保険料、自動車税などを払う必要があるので、人それぞれですが結構生活は苦しいと思います。

僕の場合だと先ほども言ったようにコンビニで買って食べたパンや、

彼女の場合だとローンを組んで脱毛に通っているので、そこの費用が地味に痛手となる場合が多いです。

 

 

こうなってくると、どれだけ生活を続けたところでいつまでたっても生活は豊かになりません。

給料が急に2倍になることはほぼあり得ませんし、この状態で少しでも急な出費が出たらもうアウトです。

 

「生活が苦しい・・・」という叫びをSNSで時々見かけますが、おそらくこういうことを言うのかなと思います。

 

給料が変わらない問題

 

個人的には、給料が少ないという問題よりも、「給料がずっと同じ」ことのほうが問題だと感じています。

 

「安定しているからそっちのほうが良いだろう!」

 

と思われるかもしれませんが、収入が固定化されることで、自由に使えるお金が少ない人はその状態からずっと抜け出すことができません。

どれだけ必死に生活したところでヒーローが助けてくれるわけでもありません。

 

 

ネットでいろいろ調べていると、年収1000万などの高収入の人でも「生活が苦しい」と言っている人が意外と多い印象でした。

そういう人もやはり固定費が多くかかっていて、子供の将来のために教育費にお金をかけたりしていました。

 

子供の将来のためにお金をかける親の気持ちもわかるので、「教育費を削れ!」などと強制することもできないですからね。

 

 

結局は年収がいくらだろうが固定費がかかり、収入があっても余裕が出た分を教育費などの固定費にしてどんどん生活が苦しくなるのだと思います。

 

 

生活を楽にするためにはどうすればいいのか

 

生活を楽にしたいのであれば自分で収入を得られる手段を何か持っておくことが大事です。

 

 

特に時間のある学生のうちにやっておくことでかなり安心できます。

就職してから始めると正直きついです。(まあ絶対無理ではありませんが根性は必要かもです)

 

 

 

自分で収入を得る場合は基本的に収入が安定しません。その人の実力次第で変動してしまいます。

しかしビジネスに取り組んでいて思いますが、収入の最低ラインというのが見えてくるんですよね。

 

 

僕の場合だと、「毎月10万の利益くらいなら適当にやっても出せるだろう」というのが今の心の余裕になっているところはあります。

 

なので、「毎月20万の利益くらいは適当に出せるだろう」と思える状態があるのなら就職しなくていいですし、

「毎月5万はいけるな」という確信があれば、就職しても生活費に困ることは少ないと思います。

 

 

ビジネスは一度稼げるようになってしまえばあとは簡単だとよく言われます。

0→1が一番難しく、それが達成できれば1→10も同じくらいの努力で達成できます。

 

なので、就職して大変だった時の逃げ道を作るという考え方でも正直いいと思っていて、まずは雇われずに稼ぐことはできるということを体験してみてください。

 

まとめ

 

給料だけだと収入に変化がなく、固定費により自由に使えるお金が少なくなり生活を変えられないリスクがあります。

今のうちから自分で稼ぐ経験をしておくことでそういったときにも自分の力で対処することができるようになります。

 

また、自分の実力が上がって収入の最低ラインがわかれば、就職すべきなのかしないべきなのかも判断できます。

コミュ障大学生が月70万稼ぐことができたわけ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です