ワークライフバランスの取れた働き方ができる人の共通の考え方とは?

仕組みを持つ
あーむー

こんにちは。

コミュ障が原因で就職から逃げたら会社員の給料超えちゃったあーむーです

1日1時間で月70万稼げるようになった詳しい話はコチラ

 

今の50代以上の方は働きまくって会社に貢献するのが正義、みたいな感じで生活してたらしいです。家庭よりも仕事のほうが大事だったとか。

 

しかし僕らとしては、「仕事もするけど自分の時間もちゃんとある」というのは今後生きていくうえで必要不可欠です。

職場と家の往復だけの人生は絶対嫌。

なんで生きているのかわからなくなります。

友達と遊んだり趣味に時間を作ったりするのも大事ですよね!

 

 

最近は「ワークライフバランス」という言葉が一般的に使われているのでそっちのワードに切り替えて話を進めます。

※ちなみにワークライフバランスとは

仕事生活の調和」と訳され、「国民一人ひとりがやりがいや充実感を持ちながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できる」ことを指す

出典:ウィキペディア

 

ワークライフバランスですが、僕としては就職した時点でそれは無理だと思っています。

 

 

なぜかというと、

「1日8時間以上仕事させられることが前提だから」

 

 

1日って24時間しかないのに3分の1無くなるなんて・・・

しかも実際は8時間+通勤、残業などがあり、どんどん自分の時間が食いつぶされてしまいます。

 

 

冷静に考えてみましょう。

1日8時間仕事だとして、1日8時間は寝るとしたら、限られた時間は8時間のみ。

 

「睡眠時間削ったらいいじゃん」

と思うかもですが、睡眠時間削って寝不足になって趣味に取り組んで面白いんでしょうか?

 

 

しかも8時間の仕事って結構疲れます。

僕もバイトをしていた時はよく8時間働いていたのでわかりますし、僕と一緒に生活している会社員の彼女を見ているとほんとよくわかります。

 

 

彼女も僕の影響を受けて勉強を始めたのですが、平日仕事から帰ってからはほとんど勉強できていません。

疲れて帰ってきたら適当にだらだらして寝るだけです。実際そんなもんです。

 

ワークライフバランスを実現するためのポイント

 

じゃあどうするのか?という話ですが、ワークライフバランスを実現できている人と同じ考え方になればいいのです。

 

僕は先ほど就職した時点でワークライフバランスの両立は無理と言いました。

なのでそれを実現できる人というのはつまり、自分でお金を稼げる人、さらに言えば経営者の考え方をすればいいです。

 

経営者は自分の時間を作り出すのがめちゃくちゃうまいです。

そしてそれを真似するだけであなたの時間も増えます。

 

 

もし普段さぼっているように見えて自分よりいい結果を残している人が身近にいたら、その人は経営者の考え方だと言えます。

最近は「楽したいから」という理由で起業する人もいますからね。
(僕もそうですがw)

 

で、この経営者の考え方についてですが、たった2つを意識するだけでいいです。

 

・仕組みを作る、活用する

・優先順位を決める

これだけです。下記で説明しますね。

 

仕組みを作る、活用する

 

あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、仕組みとは簡単に言うと、「自分が手を加えなくても勝手に結果を出してくれるもの」のことです。

 

例えばルンバ。家に置いておくだけで勝手に掃除してくれます。

僕らが掃除機をかけなくても勝手に部屋がきれいになるわけです。その間だらだらできます。最高かよ。

 

”僕が手を加えなくても勝手に「部屋がきれいになる」という結果がでる”

だからルンバは「仕組み」なのです。

 

他には食洗器もありますね。並べてスイッチ入れるだけで全部洗ってくれます。

これも仕組み。

 

 

これらを導入すると、あたりまですが僕らの掃除をする時間、皿を洗う時間が丸々空きます。

要するに時間ができます。

めっちゃ良くないですか?

 

「食洗器で皿洗い開始。やることないから本読もう。」

「ルンバが毎日掃除してくれる。掃除時間がまるまる空いた」

 

めっちゃいいですよねこれ。

それぞれ5分だとしても、1日10分時間ができます。1週間で70分。

この時間趣味とか勉強できたら最高じゃないですか!

 

 

これが仕組みの威力です。

難しく考える必要はありません。面倒なことや同じ作業を何度も繰り返している場合は仕組みが作れないか考えてみましょう。

仕組みができた瞬間生活レベルが爆上がりします。

 

 

あと、その仕組みの威力でもっとえげつないのが”YouTuber”です。

 

面白いことや役に立つことを1回動画にしてアップロードしたらあとは放置でチャリンチャリンです。

動画を増やせば増やすほど稼げるお金がどんどん増えていくわけですね。

 

 

”自分が手を加えなくても勝手に「動画が再生されて売り上げが発生する」という結果が出る”

立派な仕組みです。

 

しかも仕組みでお金を稼げちゃうとか最高すぎません??

自分が何もしなくてもお金が稼げちゃうという・・・

 

 

僕も仕事時間が3時間でいいのは仕組のおかげなので、仕組み様様です。

この仕組みを作る、活用するという意識は常に持っていてください!

 

優先順位を決める

 

これは地味ですが、意識するだけでかなり時間増えます。

 

僕は友達に遊びに誘われたときはほぼ断ります。

なぜかというと、誘われるタイミングではだいたい優先順位が決まっていて、それを優先しているというだけです。

 

先ほど言った仕組みを使ってどうやってお金稼ごうか考えたり勉強したりしています。

優先順位を決めていないときは普通に遊びに行きます(笑)

 

 

ただ最近ではだんだんはっきりしてきて、「お金と時間が有り余ってる状態になったら遊びまくろう」的な考えで生活しています。

ゲームもしたいしアニメも見たいし旅行も行きたいです。

 

だから僕は仕組みを作ることを最優先で考えています。自分の時間を作る。そしてその時間で遊べるお金を稼ぐ。

シンプルです。

 

 

就職して1日8時間以上の時間を会社に奪われるよりはよっぽどいいです。今は3時間とられているので、今後はもっと減らしたいですね(笑)

本当に自分にとって何が理想なのか?何を優先すべきか?ということを考えてみてください。

 

まとめ

 

ワークライフバランスを実現できる、自分の力でお金を稼げる経営者の考え方を持つことで時間もお金も増やすことができます。

 

・仕組みを作る、活用する

・優先順位を決める

 

まずは自分の理想の生活って何だろう?と考えてみましょう。

そこから作るべき仕組み、優先順位をどうすればいいかが分かってきます。

コミュ障大学生が月70万稼ぐことができたわけ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です