【ヒゲ脱毛体験談】美容クリニック行ったら超適当でなんだこれって思った話

美容クリニック
あーむー

こんにちは。

コミュ障が原因で就職から逃げたら会社員の給料超えちゃったあーむーです

1日1時間で月70万稼げるようになった詳しい話はコチラ

 

ちょうど1年前からとある大手の美容クリニックに通っています。

目的はヒゲ脱毛
(あと安かったのでわきも)

 

毎日毎日剃るのめんどくさいじゃないですか。

僕は人に会うことが少ないので3日に1回とかですが、放置していると肌荒れするので定期的に剃ってます。

 

うーん、めんどくさい・・・

 

「ヒゲを生やして男らしく!」

みたいな考えも特にないので、若いうちにヒゲ脱毛して毎日のヒゲ剃りから逃れようとあらがっています。笑

ヒゲ剃り1日5分と言えど、毎日やってたら膨大な時間が消費されます。
1日5分×365日=1825分≒30時間
毎年30時間ヒゲ剃ってると考えたら恐ろしい・・・
ヒゲ生やす予定がないなら脱毛しましょ。

 

脱毛業界は成長産業

 

男性の脱毛って割と最近の話なんですよね。

まだまだ認知度は低く、やってる人も少ない。
(意識高い人がやってるらしい、程度?)

 

しかし、機械の進化もあって脱毛の費用も少しずつ下がってきていますし、男性の美容意識が少しずつ高まってきています。

 

最近はちらほら「男性向けのメイク動画をYouTubeで投稿すれば稼げる」という話も出ていたり。

 

 

要するに、美容、脱毛業界って成長産業なわけです。

これから脱毛する人が増えていくはずなので、「脱毛ビジネスをやれば稼げる!」といってどんどんお店が増えています。

 

まだ女性向けの店が多いですが、男性専用の美容クリニックもネットで調べたらちらほら見かけるようになりました。

 

 

成長産業と言うことは、需要に対して供給が少ないわけです。

「それ買いたい!」と言ってる人がたくさんいるのに、売っている人が少ない・・・

 

と、いうことは。

「ヒゲ脱毛やってまーす!」

というだけでお客さんが来て、ある程度稼げてしまうわけですよ。

 

満足度が高くなくても、「まあ脱毛できるし良いか」と妥協して通ってくれます。

まさにそれが、僕が今通っている美容クリニックです。

 

大手のクリニックですら・・・

 

流石に名前は出せませんが、ほとんどの人が名前を知ってるであろうレベルの大手。

 

恐らくサービスを受ければもっとたくさん出てくるでしょうが、僕が気づいたのは主に2つ。

先にツイートでまとめているのでこちらをどうぞ。

 

 

  1. 施術の仕方が人によって全然違う
  2. 次の施術まで空けるべき期間

僕が感じたのは主にこの2つ。

1つずつ説明していきますね。

 

施術の仕方が人によって違う

 

これは施術を受けて「えっ!?」って思いますよ、マジで。

ここ何回かはありませんが、最初の1回目と2回目で施術する部分が増えたときはビビりました。

 

「あれ?前回そこやってくれなかったけどな・・・」

と思いながら受けていました。
(しかも毛を剃ってないのでちょっと痛かった)

 

それ以降は毎回やってくれましたが、マジで「1回目は何だったんだろう・・・?」と今でも思います。

 

 

あと、人によって光を当てる回数も全然違うんですよ。

脱毛器って、強い光を「パッ!」と当てることで毛の根っこを焼くという仕組みです。

 

しかし、人によって1回ずつ当てて終わったり、3回やってくれたりと対応が変わります。

 

運ゲー。

 

お客さんの僕としてはどうせなら3回やってほしいじゃないですか。笑
(その方が効果ありそうだし)

 

 

どの従業員も同じやり方なら不満は出ないと思いますが、個人差が出てくると

「なんでこの人はこれだけしかやってくれないの?」

と思うのは人として当たり前ですよね。

 

僕以外にも同じこと思っている人はたくさんいると思います。

 

次の施術まで空けるべき期間

 

脱毛って毎日やるわけではなく、1回やったら次回は1か月以上空けてからやることが多いです。

脱毛することで生え変わっていくので、その周期に合わせる必要があります。

数日間ですが、毛が全然生えなくなります。
脱毛器によってダメージを受けた毛が抜けていくからだと思います。

 

しかしこれも、従業員によって伝える期間が全然違うんですよね。

 

例えばこの記事を書いている今日も、わきの脱毛に行ってきました。

そこで、実際に施術をしてもらった方には、

「2カ月空けてから予約してくださいね」

と言われました。

 

しかし、フロントに行って予約を取ろうとしたら、

「次回は6カ月空ける必要があるのですがどうしましょう?」

みたいなことを言われました。

 

 

意味不明ですよね。

言ってること全然違うやんけ。

 

でもこれ、いろいろ調べたらある程度予測できました。

  1. 基本的に脱毛すると毎回毛が抜けて、新しい毛が生えてくる
  2. その新しく生えた毛に脱毛器を当てないと意味がないので、生え変わりまで期間を空ける必要がある
  3. そのクリニックのマニュアルには、結構長めの期間が設定されている
    (フロントで言われた半年など)
  4. しかし生え変わればいいわけなので、経験則で「2カ月くらいで生え変わるっしょ」と思っている従業員は「2か月後に来てください」と言う
  5. その結果、人によって2カ月と言ったり6か月と言ったりする

恐らくこんな感じなんじゃないかなーと。

 

ここも従業員教育できちんと統一できてないから、お客さん相当困ると思いますよ。

僕は「生え変わったら行けばいいや」という認識なので勝手に予約していきますが、絶対不満は出ているでしょうね。

 

業界が安定したら潰れそう

 

僕がこのクリニックに思うことはこれ。

 

 

今はライバルが少ないからみんな妥協して通っているけど、ライバル増えたら真っ先に潰れると思います。

 

だってこんな不満たらたらなところで誰も脱毛したくないでしょ。

 

他に似たような場所があったら間違いなく僕はそこに通いますね。

地元だと他に店がないので今は仕方なく通ってますが・・・

 

 

これから市場は拡大していきますが、それに合わせてしっかりサービスを向上していかないと今後は難しいでしょうね。

むしろそこに気づいて改善すればかなり伸びしろがあるとも言えます。

 

どうなるかは分かりませんが、あと何回か脱毛しにいかないといけないので、そこで改善されるかどうかに期待です!

 

まとめ

 

・成長産業は雑でも儲かっちゃう

・長く稼ぎたいなら顧客の満足度を上げるべし

 

大手だからと言ってサービスが完璧とは限りません。

 

なので大手企業を見てビビるのではなく、

「この企業で改善できそうなところはどこだろう?」

「自分ならどこを良くするかな?」

と考える練習をしてみましょう。

 

バイトやサークルしかしてない学生より、こんなこと考えてる学生の方が企業は欲しいと思うでしょう。

欲しくなるということは、市場価値が高いということです!

 

企業相手にコンサルすることができるかもしれません。
(僕もやってみたいので模索中)

 

頭使って売上上げられる人(起業家)が圧倒的に有利な時代と言うことを覚えていてください(^^)

 

PS.

「痛みを感じない脱毛器ですよ」

と言われて脱毛お願いしたら毎回痛すぎて泣きそうだったんですが、その原因が分かりました。

 

コミュ障大学生が月70万稼ぐことができたわけ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です