沖縄大学生の東京一人ぼっち旅行記【ノープラン】

ノープラン
あーむー

こんにちは。

コミュ障が原因で就職から逃げたら会社員の給料超えちゃったあーむーです

1日1時間で月70万稼げるようになった詳しい話はコチラ

 

1月24~29日に東京、長野に旅行に行ってきました!

長野でスノボするのがメインなのですが、移動時間の影響で初日だけノープランぼっち旅に・・・

 

東京を1人で楽しむのは正直辛いですが、逆にいろんな経験ができたので良かったです!

 

東京観光&人生初スパ

 

朝10時に東京羽田に到着、そこから超絶暇でした。笑

長距離バスで長野まで行くんですが、バスが23時でそこまで時間をつぶさなければなりません・・・

 

別に行きたいところも全くなく、とりあえずご飯食べるかーのノリで新宿を散策。

都庁

(木が邪魔な都庁の写真。笑)

 

しかし、時間が悪かった。

 

ちょうどお昼12時くらいで、めちゃくちゃ人が多い。

学生も社会人もランチタイムということで、どこに行っても人でいっぱいでした。

 

 

しかも僕、東京の店に1人で入るのにハードルを感じるんですよね。笑

なんというか、店内が狭く、人口密度が高いのでカバン背負って入るのしんどいじゃないですか・・・

街歩くときも人多すぎて他人に気を遣うのが割としんどいです。

 

ということでなんと、1時間ほどぶっ通しで歩き続けましたw
(本当は店を探していただけ)

 

東京で人がいない飲食店って見つけるの大変ですね。

ゆったり過ごせる場所がなかなか見つかりません。

カフェとか人多すぎて全然ゆったりできないという・・・

 

カロリー焼きってなんぞや

 

んで結局、妥協しまくってちょっと怪しい感じの店に入りました。

 

入って早速。

いや、店員の男性が超怖い。

別に悪い人じゃない(と思う)んだけど、声がでかすぎる。

はっきり遠くまで聞こえる系の声。

 

高校とかで怒らせたら絶対めんどくさいタイプの先生にいそうな感じ。笑

怒られたらいやなのでできるだけ接したくないなあとか思いましたw

 

 

圧力かかる声にびびりながらも席に着く。

そこで食べたのがコチラ。

カロリー焼き

(すみません店名覚えてません・・・)

 

カロリー焼きというらしい。

最初は牛丼っぽい感じだと思ってたのですが、牛肉の下の方見てください・・・

 

 

そう、パスタ!!
(最初見たとき気づきませんでした。笑)

 

「1人前のパスタ埋まっとるやんけ・・・」

 

牛肉にパスタにご飯に味噌汁。

パスタとご飯の時点で炭水化物量やばすぎる。

しかもパスタはパスタで牛肉と焼いたときの油に浸ってるしorz

 

久しぶりにあれだけ炭水化物と脂質を摂取した気がします。

お腹空いてたせいか気分が悪くならなかったのが唯一の救いですw

 

 

でも美味しかったので、お腹空いている時に見かけてら食べに行ってみてください!

値段も結構安め!

 

スパでだらけてる人多すぎて逆になんか良い

 

食後に人生初スパ行きましたが、どうやら事前情報では「PC使って作業ができるらしい・・・」とのこと。

スパで作業?と最初は意味不明でしたが、とりあえず情報を信じていってみることに。

スパ

東京のスパの中では一番安いっぽかったのでここにしてみました。

 

ちなみにスパの意味はコチラを参照。

スパspa

出典:Wikipedia

 

基本は銭湯なので、お風呂に入りつつフリースペースで割と自由に遊んでいいらしい。

 

とりあえずお風呂に入り、館内着に着替えてフリースペースへ。

このフリースペースがなかなか面白かった。

 

 

僕の東京のイメージって、

「みんな時間に追われていて常に動き回っている」

という感じ。

 

街歩いてても電車乗ってても、みんな動き回ってますよね。

それでそういうイメージがついたのかもしれません。

 

 

しかし、スパのフリースペースはそうじゃなかった。

 

結構広くてマンガ読み放題。

「人をダメにするソファ」をいたるところに配置。

そこでたくさんの人がめっちゃごろごろしていると。笑

普通に昼寝している人もいました。

 

東京で他人がだらけている姿を初めて見ました。笑

 

 

なんか安心しましたねw

「東京の人もだらだら過ごすんだー」

的なw
(偏見がひどいw)

 

と言いつつ僕も最初はPC作業できるスペースが空いてなかったので、ワンパンマン読んでました。笑
(ワンパンマン面白いのでおすすめ!)

 

マンガ読みつつも、しっかり記事は書きましたからね!

その時の記事はコチラ↓

大学生はせどり転売で稼げ!沖縄の学生が月23万稼いだ方法を解説

 

(その時飲んでたいろはすの写真をこの記事で使ってますw)

 

 

いやースパは良かった。

のんびりだらだらと体を休めたい人はおすすめですよ!

 

人生初長距離バス

 

スパで5時間くらいだらだらしたのち、23時のバスに乗るために新宿駅の方へ移動。

 

知り合いやネットの情報から長距離バスの存在は知ってたのですが、沖縄にはないので乗ったことがありませんでした。

とりあえずよく分からないまま集合場所へ。

 

 

いやー、孤独って辛いですね。笑

22時くらいに集合場所についてしまい、1人で暇を持て余す・・・

周りには友達や家族などで参加している人が結構たくさんいました。

 

特に、男女8人ぐらいの仲良し学生グループもいてしんどかったです。

 

羨ましい・・・

僕もそういう学校生活を送りたかった。

少なくとも僕の学校生活には男女で遊びに行くというイベントは発生しなかった(;_:)

まあ逆に言えばそういうリア充イベントがなかったからこそ雇われずに稼ぐ道に進めた気もしますね。
(強がってるようにしか聞こえない。笑)

 

ちょっとだけ大学にもどりたくなりましたね。笑

 

まあ真面目な話、こういうイベントは今後どんどん稼いで仲間を増やしてやっていく予定です!

そのためにブログで発信しているわけですし(^^)
(理想は自分で作り出せスタイル)

 

8時間座りっぱなしよりも辛かったこと

 

バスに乗ったらまさかの一番前の席でした。笑

まあ乗り降りするのが楽なので良いんですが、そんな偶然あるのかと。

 

で、目の前にあるラベルが面白かったのでパシャリ。

ラベル

敬語で「優しく閉めてください」と書くよりもこっちのほうが書き手の思いは伝わる気がしますね。
(どうでもいいか。笑)

 

 

そんでもって人生初長距離バスですが、結構辛いっす。

座るのもしんどいのですが、1人で孤独にバス乗ることの方が辛かったです。笑

 

高校生の時は孤独に生きていこうとか思ってたんですけどねー。

人間心理学の講座や自己啓発などを学んでいくうちに、心が変化してきたのかもしれません。

 

1人の時間は好きですが、ずっと孤独はしんどいという感じ。

気の合う人と一緒に楽しいことをやるのが一番幸せなのかもです(^^)

 

 

移動中にどこかのタイミングで寝てしまい、起きたら僕と運転手しか乗っていませんでした。笑
(みんな途中で降りてった)

長野さっむい

 

無事長野のスキー場近くに到着。

朝7時前。

クッソ寒い。

長野

バスを降りて最初に見た景色がこれですよ。

マジ冷凍庫・・・

 

長野の寒さは東京と比べてはいけません。

というか、比べ物になりません。

 

これまで沖縄と東京を比べていた僕ですが、レベル低すぎでした。笑

長野=東京>沖縄

こんなあほなイメージを持ってましたねw

 

長野舐めたらダメですよ。

やっぱ雪降るところは寒さが異次元です。
(雪降ってるところに住んでる人尊敬)

 

 

しかも僕がマスク付けてたのもあり、

  1. マスクの隙間から息が漏れる
  2. メガネが曇る
  3. 拭く
  4. マスクの隙間から息が漏れる
  5. メガネ曇る
  6. 以下略・・・

という負のループ。

むしろ視力0.05の裸眼のほうがよく見えるレベルw

 

 

さらに、合宿場所を名前で検索したら、同じ名前の別の場所が出てきて違うとこ行くという凡ミスw

寒すぎて怒りの感情すら出ませんでしたね・・・
(早く暖かいところに逃げたい欲求の勝ち)

 

無事宿につくことはできましたが、長野初見にしてはタイミングが悪すぎました。笑

 

1日目終了

 

振り返ってみると、案外旅行っぽいことしてますね。笑

  • 街を歩く
  • 銭湯に行く
  • バスに乗る
  • だらだらする
  • ご飯を食べる

 

正直ご飯探しでの1時間散歩とか、他の学生とともに1人で長距離バスに乗るのはしんどいので次はしませんw

 

メインの長野でスノボした話はコチラ

5泊6日の長野旅行!初心者が3日連続スノボやったら滑れるようになるのかやってみた!【斑尾高原】

 

1日3時間で月30万稼げるようになった方法を無料で公開中

 

大学1年の時にコミュ障で友達のいないぼっち大学生だった僕が、

周りにばれることなく1人で起業して開始6か月で月23万、その1年後には月収70万円の収入を得ることができました。

 

今では学校やバイトの疲労がたまる人間関係から解放され、自分の好きな人とだけ関われる生活を送れています。

また、少しずつ素直な本当の自分をさらけ出すことができるようになってきました。

 

精神的にすごく楽だし自分をさらけ出せることが自信になるので、

過去の僕みたいに人間関係の中で生きづらさを感じている方に

「自分の力で稼いで無理に人と関わらなくても生きていくことは可能である」

ということを知ってほしくて、僕の気持ちを込めた記事を書きました。

 

僕がどんな生活をしているのか、

僕がお金を稼げるようになって変わったこと、

どうやってお金を稼いでいるのかなど、

具体的な内容が気になる方は下の画像から読める記事をぜひご覧ください↓

次世代

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です