【悲報】「起業したい!」と言ってきた高校生が怪しいビジネスを始めてた話

権利収入

あーむー

こんにちは。

コミュ障が原因で就職から逃げたら会社員の給料超えちゃったあーむーです

1日1時間で月70万稼げるようになった詳しい話はコチラ

 

やっぱり他人を変えるのは無理ゲーですね。笑

 

 

僕は物販のコミュニティに所属しているので、”起業家・起業家志望”の人との関わりがあります。

 

コミュニティの質が高いというのはありますが、みんな意識高いです。

物販で稼ぐことに対してマジなので、働きながらでも時間を捻出、頭で考えて試行錯誤。

こういうことを日々繰り返すので、そりゃあ稼げるようになるよなあと見てて思います。

 

 

しかし、そうじゃない人も一部いるわけです。

行動しないわけではないですが、自分に対しての思い込みが強く、言い訳を考えるのが超得意・・・笑

 

「自分は〇〇という病気で、医者に~と言われて、・・・」

「ついでに言うと、自分は~でして・・・」

と、どれだけアドバイスをしても言い訳を並べまくりますw

 

 

  • 起業で成功するのが目的なのか
  • 誰かに共感してほしいのが目的なのか

ここにずれが生じるといくら説明してもアドバイスしてもマジ無理ゲーです。

今日はそんなお話。

特にツイッターで批判ばっかりする人は、議論するというより”ただ叩きたい”だけなので話し合うだけ無駄ですね。

 

起業したいと言ってきた高校生

 

以前ブログで紹介したことのある意識の高い高校生です。

【「起業したい」と言ってきた高校生の相談に乗った話】実践よりも先に知識をつけるべき

 

この高校生、行動力がすごい。笑

 

「高校辞めます」

とか普通に言ってきます。

もうやめたのかは分かりませんが、いずれ辞めそうな勢い。

 

 

僕としては、

「まあ勉強すれば大丈夫かな?」

というスタンスだったので、前回会ったときにセミナーを紹介してそのまま解散しました。

 

なんか全く違うこと始めてた

 

そして先日、セミナーで久しぶりに会ったのですが、

なんか、全然違うこと始めてました。

 

 

挨拶して早々、

「権利収入がもらえるんです!」

「6人紹介すれば自分は無料になります!」

「通常30万のハワイ旅行に7万円で行けるクーポンがもらます!」

「みんなが紹介するほど自分は儲かります!」

「appleに初めて認められたアプリらしいです!」

みたいな話をいろいろ教えてもらいました。

 

お、おう。

その日はなぜか1日中体がだるかったので、おとなしく10分ほどその子の話を聞き続けてました。

 

・・・・・・

 

うーん。

 

完全にマルチ商法だよなあ。

 

経験したことがないので実際のところ分かりませんが、中身を見たところ9割くらい当たってそうな感じ。

 

 

言葉悪く言うと、洗脳されてる感じでしたね主催者側に。

「このビジネスは儲かるぞ!」

「早く始めた人ほど稼げるぞ!」

「まだほとんどの人が知らない最先端の稼ぎ方だ!」

みたいな話に乗せられたのかなと。

 

 

その時は僕以外にも学生が何人かいたのですが、その場の全員に対してガンガン話しまくる。

セミナーそっちのけ。笑

 

でも、目が輝いてるんですよね~。

 

「自分はこんなに素晴らしい情報を持っている!」

「それを今日皆さんに伝えに来ました!」

 

そんな感じです。

 

ただまあ参加者もただの学生ではないので、そこは安易に信じず冷静に話を聞いててくれました。

事業経験のある学生で良かった。笑

 

やり方もえげつなかった

 

集客方法がなかなかえぐかったですね。

SNSで繋がって。

LINE交換して。

 

なんと!

お金稼ぎ系のSNSアカウント(お金稼いでるアピールしてる人)と繋がって、稼いでないことを白状させて自分のところに誘導してるらしいですw

 

ざっくりとしたイメージはこんな感じ
(お金稼ぎ系SNSアカウントをAさんとします)

高校生「こんにちは!順調に稼げてますか?」

Aさん「こんにちは!実は稼げてなくて・・・」

高校生「そうなんですね、実は〇〇という案件があって、最先端で~(暗記したセールストーク)・・・という感じなんですが、やってみませんか?」

Aさん「良いんですか!?やってみたいです!」

イメージなので細かい言葉は想像です

 

さらにそのあと、Aさんが入ってるコミュニティ(おそらく詐欺系で稼げてない)にも潜入して、LINEグループなどで大々的に宣伝しまくるんだとかw

 

稼げない人ほど結果出す前に他の稼ぎ方に目移りして、どんどんお金をドブに捨てていくんですよね。

「隣の芝は青く見える」

とはまさにこのことです。

 

しかもそういうのに引っかかる人ってたいてい勉強嫌いなので、

「とにかくお金が欲しい!スキルや勉強なしで楽に稼げる方法はないのか!?」

と血眼になって探します。

 

 

ビジネスの原則は「価値の提供」なので、こういう人達が稼げるようになることは一生ないでしょう。

(結果的に)楽に稼ぐ方法はありますけどね。
しっかり起業知識をつければの話ですが。

 

やっぱり他人を変えることはできない

 

今考えたら、以前から違和感ってあったんですよね。

「起業したいというより、早くお金が稼ぎたい!」

という思いのほうが強そうだなと。

 

 

最初に出会ったときに「せどり(物販)を教えてください」と言ってきたのもそのせいだと思う。

他のネット起業に比べて、物販は即金性が高いです。

 

事実僕も4カ月で19万の粗利が出たので、早くお金を稼ぐなら確かにその判断するよなあと。

 

 

恐らく僕が紹介したセミナーは見てないだろうし、自分でいろいろ探して権利収入ビジネスに行きついたんだと思います。

 

無理なので諦め

 

冒頭でも言いましたが、目的がずれているとどれだけ説明しても説得は無理です。

 

僕は「起業する」ことが目的だと思った。

高校生は「早くお金を稼ぐ」ことが目的だった。

 

だから「まずは勉強したほうが良い」という僕のアドバイスは全く響かないわけです。

 

 

なので、僕から何か言うのは諦めました。笑

僕は自分が成功した道を教えたけど、それが響かなかったのなら仕方ないです。

もしかしたら本当に権利収入を得られるかもしれないので、それに期待するしかありません。

 

僕の反省点としては、出会った最初の時点でうまく価値観誘導してあげればよかったな、ということですね。

今はもう権利収入の主催者に洗脳されてるので、僕が何と言おうと無理でしょう。笑

 

知識がないうちはいろんな経験をしてみるしかないですね。

逆に言えば、勉強して知識をつけることで失敗例を学び、それを回避することができます。
つまり、成功しやすくなる。
だから最初は勉強したほうが圧倒的に早く成功できるんだけどなー。

 

まとめ

 

本当の意味でお金を稼ぎたいなら勉強して知識をつけるのがやっぱ最優先です。

価値提供がないとビジネスって成り立ちませんから。

 

高校生とはこれからも会っていくはずなので、僕にできそうなことがあれば何かしようと思います(^^)

 

 

僕としては稼いでていつでも自由に遊べる仲間を増やしたいですからね。笑

 

コミュ障大学生が月70万稼ぐことができたわけ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です