日本の学校教育から分かるアフィリエイトで成功すると雇われずに生きていける理由

学校教育とアフィリエイト
あーむー

こんにちは。

コミュ障が原因で就職から逃げたら会社員の給料超えちゃったあーむーです

1日1時間で月70万稼げるようになった詳しい話はコチラ

 

僕がネットビジネスを学び始めたときによく聞いた言葉があります。

「日本の学校教育はサラリーマンになるための教育だ!」

という主張です。

 

 

僕は当時は、「ふ~ん、そうなんだ」と根拠も知らないまま友達に話しまくっていました。

今考えると恥ずかしすぎますね。

「なんでそう言えるの?」

と質問されたら終わりのパターンです。笑

 

 

まあそれは置いといて。

 

さっきビジネスの構造を考えたときにその答えが導き出せたので、

今回はその話とそれによってアフィリエイトできる人は職に困らなくなるという話をします。

 

ビジネスを構造化すると”集客→販売→提供”

 

他の記事でもたびたび登場しますが、ビジネスはすべて

集客→販売→提供

で成り立っています。

 

IT企業も飲食店も小売店も美容室もスポーツ業界も全部これです。

 

簡単に説明すると、

集客→目立つということです。注目を集める。

チラシを配ったりSNSで発信したり広告出したり

販売→”商品、サービスを購入する”という決断をさせることです。

安い、限定品、レビューが良い、いい商品であることを伝える

提供→商品、サービスを差し出すことです。

質がいい、丁寧、便利、悩み解決などをして価値とお金を交換する

 

 

で、これを踏まえて日本の学校教育を見てみると、問題点が出てきます。

 

みんな提供しか教わらない

 

そう、日本の学校教育では提供しか教わりません。

 

例えば高校だと、工業高校や農林高校などに行くと、大学や専門学校で学べるようなことが高校の段階で学ぶことができます。

そういう高校に行く人は基本的にある程度進路が決まっていて、高校卒業後は就職していきます。

 

 

僕の妹を例に出すと、農林高校で食品加工を学び、調理系の専門学校に進学してコンビニデザートを作る工場に就職しました。

食品加工とはつまり、料理のことです。

将来的には料理人とか、パティシエなどが目指せる学校に進学していました。

 

料理ができるスキルってビジネスの構造から言うと”提供”ですよね。

お金をもらってお客さんに差し出す料理を作ってます。

 

職人も同じで、いいものを作るスキルがあってそれを提供するわけです。

 

 

別の例もいきましょう。

美容師も専門学校に行って腕を磨きますが、これも提供です。

お金を受け取ってお客さんの髪をデザインする。

 

整体師の場合だと、お客さんからお金を受け取って、体の悪い部分を取り除きます。

 

実はスポーツ選手もこれで、スポーツ選手は自分の能力を試合で発揮する=提供しています。

世界でトップレベルになると集客効果も出てきますが、基本は勝ってお客さんを喜ばせるという体験を提供しています。

 

 

会社員もアルバイトも、やっていることは同じです。

提供する方法は生活していくうえで学びますが、それ以外は教えられないのです。

 

集客と販売は教える人がいない

 

誰か学校で、インフルエンサーになる方法やYouTuberになる方法を教わった人っていますかね??

どうしたら人を感動させられるか、人に商品を買ってもらえるかを教わった人っています??

 

集客や販売を学ぶってそういうことなのですが、おそらくいないと思います。

 

 

これは仕方のないことで、僕らの親や先祖も含めてみんな集客と販売を学んでないので、自分ができることしか教えられないのです。

だから学校の先生はみな提供(就職)しか教えてくれません。

 

みんなと同じように生きていくとどうやっても提供しか学べないのです。

 

 

能力のあるサラリーマンが起業しても失敗するのはこれが理由です。

提供はものすごくできるけど、集客と販売は学んでないからお客さんがいつまでたっても来ない、売上上がらない。

だから失敗する。

 

 

「スキルがあれば稼げる」と思っていたら大間違いです!

 

 

手に職をつけたところで集客と販売ができないと起業なんてできません。

 

「自分の店を持ちたい!」と言って美容師や整体師になる人はたくさんいますが、そのスキルは提供だから。

美容師スキルをどれだけ磨いても自分の店は持てません。

 

「よし!俺は美容師のスキルは身についたからあとは借金して自分の店を持つだけだ!」

ということがどれだけ怖いかおわかりいただけるでしょう・・・・

 

ということは・・・

 

学校教育で提供しか学べないと言っても、ビジネスの構造は集客と販売も含まれるので、これらは必要不可欠なわけです。

 

 

ということは・・・

”集客と販売”のどちらか一方または両方ができたら一人勝ちできるんじゃねーの?

 

ってことに気づいたらあなたはもう勝ち組です。

みんな提供しか知らないので、どちらか1つでもできるようになれば超希少人材になれます。

 

 

みんな気づいていないですが、提供するスキルってライバル多すぎなんです。

東大生とか京大生の超頭いい人たちと競わなければならないわけです。

それでいて才能ある人たちがトップに立って、それで年収1000万のレベルです。

 

日本トップレベルのYouTuberって年収いくらですか??

普通に億超えてますよね。集客するスキルがどれだけ希少なのかはこの数値を見ればわかるはずです。

 

 

集客と販売のスキルは東大生も京大生も持ってません。

このスキルを持つだけで、東大生や京大生より圧倒的に市場価値は高くなります。

この状態になれば食えなくなるわけないですよね。

 

 

しかも、みんな提供しか知らないので「起業したけど集客や販売ができなくて困ってる」という経営者もたくさんいます。

そういう人にコンサルして稼げちゃいます。

 

集客の方法知ってる→それを教える→稼げる

こんだけ。

自分で書いてて笑っちゃいますね。

 

 

お金を稼ぎたいのであれば集客と販売を学んでください。

提供するスキルは持ってる人たくさんいます。

だから、提供するスキルを持っている人に集客と販売を教えて、売り上げの一部をもらえばそれはもうビジネスなのです。

 

ぶっちゃけ提供するスキルなくても、集客と販売ができれば生きていけます。

 

それがこれから紹介するアフィリエイトです。

 

アフィリエイトで集客と販売のスキルが身につく

 

アフィリエイトはブログを書いてアクセスを集めて、集まった人に対して他人の商品を販売するお仕事です。

 

つまり、集客と販売のスキルが必要なわけです。

 

学校教育では一切学べないスキルが、アフィリエイトで学べてしまう。

めっちゃすごくないですか??

 

 

それをみんな「アフィリエイト?あの怪しいやつのことね(笑)」とか言ってるんですよ。

超絶もったいないし、みんなアフィリエイト怪しんで参入してこないので、今取り組んだらもう勝ち組なわけです。

 

やらない理由が・・・

 

まとめ

 

記事を書きながら1人で盛り上がってました。

・ビジネスは全て集客→販売→提供が必要

・学校教育のせいでみんな提供しか学ばない

・アフィリエイトは集客、販売が学べる

・アフィリエイトで稼げる人は最強

ということでした。

 

「もっとここを詳しく知りたい」などあればお気軽にコメントください!

1日3時間で月30万稼げるようになった方法を無料で公開中

 

大学1年の時にコミュ障で友達のいないぼっち大学生だった僕が、

周りにばれることなく1人で起業して開始6か月で月23万、その1年後には月収70万円の収入を得ることができました。

 

今では学校やバイトの疲労がたまる人間関係から解放され、自分の好きな人とだけ関われる生活を送れています。

また、少しずつ素直な本当の自分をさらけ出すことができるようになってきました。

 

精神的にすごく楽だし自分をさらけ出せることが自信になるので、

過去の僕みたいに人間関係の中で生きづらさを感じている方に

「自分の力で稼いで無理に人と関わらなくても生きていくことは可能である」

ということを知ってほしくて、僕の気持ちを込めた記事を書きました。

 

僕がどんな生活をしているのか、

僕がお金を稼げるようになって変わったこと、

どうやってお金を稼いでいるのかなど、

具体的な内容が気になる方は下の画像から読める記事をぜひご覧ください↓

次世代

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です