センター5割、二次試験ノー勉で国立大学に合格した話【周りと違う方法を探しましょ】

劣等感
あーむー

こんにちは。

コミュ障が原因で就職から逃げたら会社員の給料超えちゃったあーむーです

1日1時間で月70万稼げるようになった詳しい話はコチラ

 

今回は、

「ちょっと立ち止まって周りと違う方法を探してみようぜ」

ということについて書いていきたいと思います。

 

僕が高校生の時に良く感じたのですが、頭いい奴には学力で勝てる気が1ミリもしません。

なんでそんなに勉強できるんだよ、といつも思います。

 

それで話を聞いてみると、

「勉強を辛いとか思ったことないんだよね~。結構楽しいよ~」

とかいうわけです。

 

うん、やっぱ勝てない。

学校の勉強とかつまらなさ過ぎてやってられない。

 

 

しかし、「学校」というシステムの上では、大学進学でも、就職活動でも、そういう人たちと競わなければなりません。

 

常に劣等感を感じてしまうわけです。

それが僕は超嫌でした。

 

 

しかし、少し立ち止まって周りと違う方法を探してみると、意外と手段って見つかります。

僕も大学受験の時にそれをやってたので、今回はその話をしたいと思います。

 

センター5割、二次試験ノー勉で国立大学に合格した方法

 

目的が「大学に行くこと」なのであれば、合格するのは難しいことではありません。

僕は推薦入試を活用したことで、二次試験を受けることなく大学に合格しました。

 

行きたいところが特になかったので、いかに合格できそうなところを探すかが僕にとっては一番大事でした。笑

 

高3の夏休みは受験勉強から逃げまくった

 

僕は高校3年生の7月に、ネットビジネスと出会いました。

僕の大学受験が崩壊した原因です。笑

 

高校では大学進学を目指したクラスにいましたが、ネットビジネスに感動しすぎて大事な夏休みを全てネットビジネスに捧げました。

 

部活もなく、塾にも行っていなかったので友達と会う機会もありません。

その結果、僕は誰の目を気にすることなくネットビジネスをやりこみました。

 

 

そして9月。

1人だけ受験勉強を放棄していた僕に現実がつきつけられました。

 

みんなめちゃくちゃ勉強してる・・・

 

そりゃそうです。

だってみんな大学に合格するために必死ですから。

 

「俺は自由を目指すぜー!」

「就職とかやってらんねー!」

とか言ってネットビジネスに逃げていたのは僕くらいです。

 

 

そして僕自身は、ネットビジネスを勉強したものの、やり方を理解できずほぼ挫折しかけていました。

「雇われずに稼いで大学も就職も放棄してやる!」

という気合はどこへ行ったのか。

 

「やべえ、このままだと高卒で就職しろって親に言われる」

「とりあえず進学して就職を先延ばしにしないと辛いな」

毎日こんなことを思っていました。

 

 

2学期が始まってからは、毎日毎日勉強に熱心なクラスメイトと一緒に授業を受け、1人だけ疎外感を感じていました。
(当たり前)

 

 

みんながコツコツと勉強しているのを見ているうちに、

「俺も受験勉強を本気で始めないとやばいんじゃね?」

「本当にネットビジネスなんてしてていいのか?」

「とりあえず進学していたほうが安心じゃね?」

と不安がどんどん大きくなり、9月の半ばあたりで僕は大学進学を決めました。

 

 

しかし、夏休みを放棄した代償は大きく、周りとの差は埋まりようがありません。

「センター試験の勉強すらまだなのに、二次試験の勉強とかやってる暇ない!」

「やばい、このままだとどうやっても大学に行けない」

 

 

大学に行く道筋が見えなさ過ぎて、受験勉強が全く手につきませんでした。

もう大学に進学できるならどこでもいいやと思っていた僕は、学校の進路相談室でいろんな資料を見まくりました。

 

するとそこで、ある情報に出会います。

 

推薦入試という裏ルート

 

「これだ!!」

と直感しました。

 

意見文みたいなものを書いたり面接があったりしてちょっとめんどくさかったですが、

  • 二次試験なし
  • 学校の成績が反映される
  • センターの科目が限定される(国語、社会は不要)

という条件で大学に進学できるわけです。

 

センター試験の勉強+2次試験の勉強するのと比べれば圧倒的に楽。

推薦入試の受験者が少なかったのもあり、無事公立大学に合格しました。

 

あーむーが大学進学に求めたもの

 

僕が大学進学で欲しかったものって、

「大卒という肩書」

「自由な時間」

これだけだったんですよね。

 

だから別に私立でも良かったのですが、親に「お金がない」と言われたので国公立を目指しました。

 

なので、進学方法ってどうでも良くて、自分でもできそうな方法をみつけてそれに取り組めばいいのです。

 

目的を達成する手段はいくらでもあるんだよ

 

これってお金を稼ぐことに関しても同じで、

「大学生だからバイトで稼ぐ」

とは限らないんですよね。

 

最近はネット上での仕事も増えてきており、僕の友達でも”動画編集”で稼いでいる人がいます。

そして僕自身も、”Amazon物販”という手法で月に20万以上稼いでいます。

詳しくはコチラ↓

大学生はせどり転売で稼げ!沖縄の学生が月23万稼いだ方法を解説

 

 

周りに流され続けるって実は結構しんどくて、手段が限られてしまうんですね。

  • みんなが大学に進学するから
  • みんなが就職活動するから
  • みんながインターンシップに行くから

という理由でみんなと同じことをしてるわけじゃないですか。

 

するとやはり、優秀なのは「学力がある人」で、それと比べ続けられる人生になってしまいます。

 

 

しかし例えば、動画編集で稼いでいる僕の友達はどうでしょうか?

友達は学校で学べない”動画編集”というスキルを自分で学び、自分で仕事を取って生活費を稼いでいます。
(月10万くらい稼いでいるとか)

 

そうすると、それが自信につながります。

だって学力があるからと言って動画編集で稼げるわけではないですからね。

 

僕も物販で稼げるようになってからは、学力を気にすることは無くなりました。

むしろ、自分を成長させることにハマってしまい、頭がいい人にどうやって近づけるかを考えるようになりました。笑

 

頭がいい人ほど思考回路が凡人と全然違いますから、最近はそういうのを学んで自分にも取り入れていくようにしています。

 

 

学力で勝てなくても負け組になるわけではありません。

勝てないからこそやり方を変えて自分の道を突き進めばいいのです(^^)

 

 

僕の場合は超凡人だったので、結局高校3年生の頃はネットビジネスで1円も稼げませんでしたし、

大学1年生の時に30万の借金をして取り組んで1万円しか稼げなかった、という過去もあります。

 

そんな僕でも月20万以上稼げるようになったのが物販でした。

大学生はせどり転売で稼げ!沖縄の学生が月23万稼いだ方法を解説

 

物販で自信がついたので、今は積極的に新しいことにチャレンジするようにしています(^^)

 

 

今回の話をまとめると、結局は目的が達成できれば手段なんて何でもいいです。

大学に合格できるなら、一般じゃなくても、推薦やAOでもいい。

お金を稼ぎたいなら、バイトじゃなくても、動画編集や物販でもいいわけです。

 

 

目的を達成することで自信を生み、また新たな挑戦を始めることができます。

学力に劣等感を感じる必要はありません。

他の分野に逃げてでも、自分に自信をつけられるようになるとめっちゃ気が楽になりますよ!

 

 

他の分野がなにも思い浮かばない人は、僕と同じ物販を始めてもいいです。

物販のやり方に関しては記事でまとめているので、それを見て、行動して自信をつけていきましょ~!

0から始める物販講座↓

【0から始める】大学生が効率よく月10万稼いでアルバイトを辞めるための物販基礎講座!

 

ということで今回は以上です!

 

コミュ障大学生が月70万稼ぐことができたわけ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です