【ドリームキラー】起業を友達や親に相談してはいけない4つの理由

ドリームキラー
あーむー

こんにちは。

コミュ障が原因で就職から逃げたら会社員の給料超えちゃったあーむーです

1日1時間で月70万稼げるようになった詳しい話はコチラ

 

「起業ってどうなのか、みんなの意見を聞きたいな」

「ちょっと不安だから、友達に相談してみようかな」

「とりあえず親には言っておこうかな」

そう思ったら要注意!

 

あなたが何か行動しようと思っている場合は、自分の周りの人に助けを求めてはいけません。

 

せっかく行動する意欲が高まっているのだから、その意欲を下げるようなことはしてほしくないです。

 

 

相談するなら、信頼できる専門家に聞いてください。

 

ちなみに僕は起業原理原則を生徒4000人越えのオンラインスクールで学びました。

あとは大学を休学してみたり、実際に起業して稼いだりしています。

 

もし大学生活や企業について悩みや不安がある場合は、気軽にお問い合わせください!

 

ドリームキラーになる可能性が高い

 

友達や親に相談してはいけない理由を一言でまとめると、

「友達や親がドリームキラーになる場合が多い」

ということです。

 

ドリームキラーとはその名の通り「夢を殺す人」なわけですが、これから起業するうえで、

良い意味でも悪い意味でもあなたの夢を壊しに来る可能性が高いです。

 

 

これで起業を諦めてしまい、ただのサラリーマンになってしまう人が後を絶ちません。

 

これだと非常にもったいないので、このドリームキラーを冷静に分析して、

どのように対処するかをお話ししていきます。

 

専門家ではない

 

友達も親も、「起業の専門家」ではありません。

ただの素人です。

 

起業についての知識なら、あなたのほうが圧倒的にあります。

どんな業界かも知っているいし、しっかり価値を提供してお金を稼いでいることも知っているはずです。

 

 

例えるならば、あなたが小学1年生に

「数学が難しいんだけどどうしたらいいんだろう?」

と言っているようなものです。

 

 

いや、絶対自分のほうが小学1年生より詳しいですよね。

不安な気持ちは分かりますが、起業の相談を友達や親にするということはそれと同じことです。

 

自分と違う世界に行かせたくない

 

周りから見れば、あなたが起業することで

「自分たちとは違う世界に行ってしまうのではないか?」

「自分が何もしていないみたいだ」

と思ってしまうこともあります。

 

すると人間は足を引っ張り始めてしまうわけです。

 

 

「起業なんて一部の天才にしかできないよ」

「失敗したらどうするんだよ」

「起業とか言ってないでもっとあそぼーぜ」

というようなことを言って、あなたを自分たちの世界から出さないようにします。

 

 

これは悪意のある場合もあるし、善意でやる人もいるので難しいですが、

あなたの人生なので周りに引っ張られて諦めるのはとてももったいないです。

 

馬鹿にされてメンタルしんどくなる

 

これは僕の知り合いの起業家の例ですが、物販で起業したときに同級生がわざわざ家まで来て馬鹿にしてきたそうです。

 

「お前には無理だ~」

「起業なんてできるはずがない~」

 

いやマジか・・・って感じです。

 

「わざわざ家まで来て馬鹿にするとか暇すぎでしょ。時間が無駄すぎるわ」

と僕は思いましたが、そんな人もいるみたいです。

 

認知的不協和による批判

 

これは心理学の用語なのですが、

「自分の知らない価値観や考え方に触れたときに不快感を感じて批判する心理」

だそうです。

 

 

世の中でアフィリエイトやネットビジネスが怪しまれているのもこれが原因です。

 

これまで「汗水たらして働くこと」を美徳としていた人から見たら、

「楽してお金を稼ぐ」なんてことを言っているネットビジネスは不快感以外の何物でもありません。

 

 

知らない世界を否定することで、自分の世界を守ろうとする人間の心理なのです。

 

「アフィリエイトなんて怪しいよ」

「起業なんて限られた人しかできないよ」

「ネットビジネスなんて詐欺に決まっている」

 

こうして否定することで、自分の居心地のいい世界を守ろうとするわけですね。

 

最初から話さないことが大事

 

起業やフリーランスなどの少数派を目指す場合、相談してもほとんどの場合がドリームキラーになることが多いです。

 

相談したところで上記のようにめんどくさいことになるので、

友達や親に一切相談・宣言しないことが一番です。

 

 

1人で勝手に始めて、1人でコソコソ成功しましょう。

仲間が欲しいならSNSをやればいいですし、相談なら僕でもいいですしSNSで聞いてもいいです。

 

SNSは同じ目的を持った人が集まりやすいので、そういうツールを利用してモチベーションは保てますよ。

 

話してしまった場合は無視する

 

友達などに話してドリームキラーになってしまった場合は無視しましょう。

 

その気持ちが善だろうが悪だろうが、あなたの人生の決定を邪魔されてはだれの人生なのか分からなくなります。

 

 

 

実は僕も起業するために休学の相談を親にしたのですが、そこでまさかの父親がドリームキラーとして立ちはだかりました。

 

高校生の時は協力的でサポートもしてくれた父が、なぜか起業のために休学することは許さなかったんですよね。

 

 

まあその原因は分かっていて、父親のコンプレックスでした。

 

父は大卒の資格がなく、仕事ができない大卒社員よりも給料が低いという格差が相当嫌だったみたいです。

それで僕には大学を最優先させようと休学に反対してきました。

 

 

結果的には、学費を奨学金で払っていることを理由に無理やり説得して休学し、

僕が物販で成功した後は「そんあ生活が一番いいよなあ」と言ってくれています。笑

 

 

反対された場合は無視して、結果を出して見返すしかないです。

ほとんどの人が手のひらを反すので。笑

 

まとめ

 

僕の場合は友達からのドリームキラーはそこまでありませんでしたが、知り合いの話などを聞いて「怖いな」と思いました。

 

人間そこまで強い生き物ではないので、誰かにネガティブなことを言われると自分にもネガティブが移ってしまうんですよね。

 

だからこそ決断するときは身近な人に相談してはダメです。

自分の人生は自分の選択で生きましょうね(^^)

 

 

PS.

僕は逆に、周りに何も報告しなさ過ぎてめちゃくちゃ突っ込まれます。笑

4月に彼女と同棲するために引っ越したのですが、3カ月くらい僕の友達は誰一人僕が引っ越したことを知りませんでしたw

 

みんな忙しくて特に連絡も取っていなかったので別にいいかなと思っていましたが、そうではないようですね。

 

今でも定期的にスカイプで電話したり遊びに行く仲なので、やっぱり友達っていいなと思います(^^)

 

1日3時間で月30万稼げるようになった方法を無料で公開中

 

大学1年の時にコミュ障で友達のいないぼっち大学生だった僕が、

周りにばれることなく1人で起業して開始6か月で月23万、その1年後には月収70万円の収入を得ることができました。

 

今では学校やバイトの疲労がたまる人間関係から解放され、自分の好きな人とだけ関われる生活を送れています。

また、少しずつ素直な本当の自分をさらけ出すことができるようになってきました。

 

精神的にすごく楽だし自分をさらけ出せることが自信になるので、

過去の僕みたいに人間関係の中で生きづらさを感じている方に

「自分の力で稼いで無理に人と関わらなくても生きていくことは可能である」

ということを知ってほしくて、僕の気持ちを込めた記事を書きました。

 

僕がどんな生活をしているのか、

僕がお金を稼げるようになって変わったこと、

どうやってお金を稼いでいるのかなど、

具体的な内容が気になる方は下の画像から読める記事をぜひご覧ください↓

次世代

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です