1人で生き抜いているぼっち大学生ほど起業に成功しやすい4つの理由

ぼっち大学生
あーむー

こんにちは。

コミュ障が原因で就職から逃げたら会社員の給料超えちゃったあーむーです

1日1時間で月70万稼げるようになった詳しい話はコチラ

 

大学生ってすぐ群れるので、1歩間違うと簡単に”ぼっち”になりますよね。

僕も大学の人間関係は、同じ高校から同じ学部に入学した友達に超依存してました。

 

恐らく高校の友達がいなかったら普通にぼっち。

まあ基本1人行動だったので結局ぼっちでしたが・・・笑

 

僕は大学2年の時に休学して起業しましたが、きっかけは「ネット起業すれば1人でも生きていける」ということを知ったからでした。

 

もともと友達作りは苦手だし、パリピが苦手だし、大人数の場所が苦手です。

 

1人でひっそりとゲームしながら生きていけたらそれで満足なので、

「起業してお金を稼いで、自由な生活を送りたい!」

そう思って起業することを決意しました。

 

実際に起業した今から過去を振り返ってみると、大学をぼっちで過ごしたことは正解だったなと断言できます。

 

「別に群れる必要ないし」と意地を張るのは正解です。

大学で群れても低レベルの集まりでしかありません。

 

今回はぼっち大学生ほど起業したほうが良い理由について話していきます。

 

1.今は1人で起業できる時代

 

先ほども言いましたが、僕は「1人で生きていくため」に1人で起業しました。

月20~30万程度であれば、1人で十分達成できるレベルです。
(僕自身起業して1年以内でそれを達成しています)

 

特に今の時代はインターネットを使うことで、コミュ力がなくても1人でビジネスができます。

ちゃんと起業知識勉強すればコミュ力は関係ないです。

 

1人でコツコツ勉強と実践を繰り返していくだけ。

 

起業知識を勉強すると人間心理に詳しくなるので、相手の心がだんだんわかってきます。

コミュニケーションしなくても、ターゲットの心理を勉強して理解できればいいわけです。

 

1人で生活費が稼げてしまうので、大学を卒業しても就職する必要もありません。

人間関係のストレスなくのんびり生きていけます。

 

2.時間が確保しやすい

 

僕がぼっち生活をしてて一番良かったのは「自分の時間が確保しやすいこと」です。

 

僕は基本1人で講義を受け、終わったら図書館に行って勉強するか、帰宅ラッシュに巻き込まれないよう早めに帰ってました。

大学の友達とも喋りはしますが、講義中か休み時間だけです。

 

サークルや学生団体なども入っていなかったので、時間を縛られるのはバイトと大学の講義くらいでした。

 

大学の団体に期待するな

 

今では、大学に入って下手にサークルや学生団体に入らなかったのは良い判断だったと思っています。

最近は大学生と話す機会が増えましたが、学生団体は意識高い系で傷の舐めあいをしているところが多いらしいです。笑

 

僕は興味がなかったのですが、意識高い系の人はそういうところに所属しがちだそうで。

でも結局行動しないので意味がないと・・・

 

真面目に勉強している僕の知り合いからすれば「こんな仕事を俺に振るんじゃねえ!」と思うほど無駄に時間を取られるそうです。

 

あと「失敗した組織がどんなものか学べる」ということも教えてもらいました。

その人は僕と同い年で組織を作って事業をしているので、説得力がありましたね。笑

 

下手に学内で行動しようとしても時間の無駄になるのでやめましょう。

厳しい言い方になりますが、学内で探そうとしている時点で視野が狭いですし、覚悟が足りないです。

 

 

このツイートでも言っている通り、自分で探したほうが圧倒的に楽です。

自分のレベルを一気に引き上げられますし。

 

大学に使う時間は最低限でOK。

「どうやったら自分の将来は明るくなるんだろうか?」

を真剣に考えて行動していきましょう!

 

3.周りから反対されたり馬鹿にされたりしない

 

これは起業家あるあるなのですが、ドリームキラーという人たちがいます。

この記事で解説しています。

【ドリームキラー】起業を友達や親に相談してはいけない4つの理由

 

簡単に言うと、あなたが起業することを親や友達に話した時に、

「お前に起業なんて無理だよ」

「お前に才能なんてないだろ」

「お前が成功できるほど甘くねーよ」

と馬鹿にしてくる連中のことです。

 

単にその人たちは世の中を”知らない”だけなので、気にせず行動するべきです。

ただ、やはり自分に自信がない人は周りに影響されて「やっぱ自分には無理なのかなあ」と言って諦める人もいると思います。

 

関わるだけ時間の無駄なのですが、人間なのでやっぱり周りに影響されちゃうんですよね・・・

 

ぼっちは1人でコソコソ成功できる

 

ちなみに僕の場合はどうだったかというと、仲のいい達ですら起業していることを最近まで知りませんでした。

誰にも話さず1人でコソコソと行動して稼いでました。笑

 

今は稼げるようになったので少しずつ勝手に広まっているという状況。笑

これが最適解であり、ぼっちだと簡単にできます。

知り合いとか同級生が連絡してくるとちょっと嬉しいですよね。笑
まあ気が乗らなければ相手にしなくていいと思いますw

 

基本誰にも言ってないので、反対されることも馬鹿にされることもないです。

そもそもみんな知らない。

 

時間を無駄にしないぼっちだからこそ有利なのです。

 

講義が終わればそそくさと家に帰り、1人で淡々と作業する。

みんなが大学生活を楽しんでいるうちに、僕は将来のためにお金を稼ぐ力をつけて自立してました。

 

ドリームキラーは相手にすると消耗するだけなので、そういう人に出会わないうちに成功してしまいましょう。

というより起業の話を他人にしてはいけません。

 

自分の人生を人に頼るとかアホです。

僕のこのブログを読んでいる方は、一般人よりも圧倒的に起業の知識があります。

それなのに、無知な家族や友人に話をして反対されるっておかしいと思いませんか?

 

自分の人生は自分で決めるべきですよ。

1人でコソコソ成功して、人間関係のストレスを抱えることのない人生を送りましょう。

 

4.周りが気にならなくなる

 

プロフィールを見てもらえれば分かりますが、僕はもともとコミュ障で全く自信が持てない学生でした。

 

しかし、お金を稼げるようになってからは、少し自信がついた気がします。笑

 

別にコミュ力が上がったわけではないですが、会話するのが楽になりました。
(相手の目を見て話せるようになりましたw)

起業してく過程で知識がついたので、そういう話をするときはコミュ力はほぼ関係ないです。

コミュ障大学生が物販で稼いだらいつの間にかおしゃべりになっていた

 

知っていることを話す。

そしたらびっくりされる。

こんだけ。

 

何もなかった自分に起業知識がついたので、話すネタが増えただけ。

そして起業する際に起こった出来事も、起業してない人から見れば”非日常”なので話をすると面白いわけです。

希少性が上がるので、話を聞いてくれる人が増えます。
(まあそれが良いかどうかは人それぞれ。笑)

 

そうなると、周りの目は全然気にならなくなりますね。

僕の場合は優越感に浸りつつ、上のすごい人たちを見て謙虚に生きてます。笑

 

自意識過剰でびくびくしていた高校時代の僕からすれば結構変わりました。

 

起業すると自分も変わるし周りも変わるので、今の生活を変えたいなら絶対やるべき

資本主義の現代でお金を稼げる人の重要性って半端なく高いです。

それさえあれば生きていけます。

 

僕自身超合理的に生きてますよ。

やりたいことはないけど、見つからなくてもストレスフリーで生きていければいいなと思って起業しました。

お金を稼ぐ力さえあれば、やりたいことを見つけたときに全力疾走もできます。

マジでメリットだらけ。

 

  • 自信がつく
  • やりたいことができる
  • ストレスフリー
  • お金に不自由しない

やるなら時間がある今のうちですよ。

 

ぼっちで暇なら起業しよう

 

・時間が確保できるぼっち大学生は起業に有利

・ネットを使えば1人でコソコソ起業できる

・起業することで自信が持てる

・周りにドリームキラーがいない

 

ぼっちで適当に時間をつぶしているだけなら起業しましょう。

ネットでやればお金もかからないので、リスクは時間だけです。

 

成功したら就職せずとも生きていけるし、ストレスの多い人間関係からも逃れられます。

1人でのんびり生きていきたい大学生には最適。

 

まあ僕はそうしてたら人と関わりたくなり今では交流していますが、それはそれでいいと思います。

1人で極めてもいいし、仲間を作って楽しむのもあり。

そんなことは稼いでから決めても遅くないです(^^)

コミュ障大学生が月70万稼ぐことができたわけ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です