誰でも真似できる!学校の成績優秀者が無意識にやっている3倍効率勉強法

勉強法
あーむー

こんにちは。

コミュ障が原因で就職から逃げたら会社員の給料超えちゃったあーむーです

1日1時間で月70万稼げるようになった詳しい話はコチラ

 

小学校、中学校、高校と僕らは勉強してきましたが、かならず”頭の良い生徒”っていますよね。

 

「あの人は頭が良くていいな~」

「あの人は苦手科目がなくていいな~」

 

僕は中学生の時に英語と国語で挫折したので、苦手科目がなく何でもこなせる人は羨ましかったです。

 

しかしその当時って、

頭が良い人はずっと良い

頭が悪い人はずっと悪い

という考えをしていませんでしたか?

僕はこの考えだったので、学力に差が出るのは仕方ないことだと思っていました。

 

 

しかし、ビジネスを通して勉強法を学んだことで僕は気づきました。

「勉強できない人がいるから勉強できる人がどんどん頭良くなるんだ!」

 

これを知ったときは超ショックでした。

人の能力の差ってあんまりなくて、結局はやるかやらないか。

これだけ。

 

やった人は頭良くなるし、やらない人は良くならないまま。

超シンプルです。

 

今回は勉強のできる人とできない人の差、そして頭が良くなる方法について書きます。

 

頭の良い人ほどアウトプットしている

 

僕がビジネスを勉強する時に散々言われたのが「アウトプットしろ!」でした。

 

情報を読んだり聞いたりするのがインプット。

その情報を書いたり話したりするのがアウトプット。

 

みんなインプットは得意です。

読書したり大学の講義で先生の話を聞けばいいわけですからね。

 

 

しかし、ほとんどの人はアウトプットができていません。

  • 本を読んで学んだことをブログに書く
  • 大学の講義で聞いた話を誰かに教える

これをするだけでも雲泥の差があります。

 

 

インプットをするだけだと、頭の中がドラえもんの4次元ポケットみたいになってます。

ぐっちゃぐちゃ。

どこに何があるかわからん状態。

だから必要な時に必要な情報が出てこないわけです。
(=テストで良い点数が取れない)

 

 

それらの情報をアウトプットすることで、整理してまとめることができます。

例えば4次元ポケットでいうと、

「スモールライトとビックライトは同じところに置く」

「どこでもドアとタケコプターはよく使うから近くに置く」

など、使えば使うほど情報が整理されていきます。
(ドラえもんのは整理されてませんが・・・笑)

 

 

なので勉強ばかりしている人は、

「あ、今俺の頭はドラえもんの4次元ポケットと同じだな」

ということに気づきましょう。笑

 

能力に差があるわけではなく、

  • アウトプットしているかどうか
  • 頭の中を整理しているかどうか

ってだけの話です。

 

一番簡単なアウトプット

 

僕がビジネスを始めたころは高校生だったので、学んだことを学校の友達に喋ってました。
(みんな受験勉強で忙しいのに。笑)

みんな学校の授業か趣味くらいの知識しか持ってないので、ビジネスの話をすると結構面白がってくれます。

 

もしそれができない場合は、

  • ブログにコメントする
  • YouTubeにコメントする
  • Twitterでつぶやく
  • YouTubeで喋る

なんでもいいです。

 

気楽にできるものからやっていきましょう。

 

最強の勉強法は”教えること”

 

アウトプットに慣れてきたらやりましょう。

最初からできればこれが一番効率良いです。

 

教えることによって、学んだことを整理して、さらに相手が分かる言葉に言いなおすという作業を頭がします。

  1. 学ぶ
  2. 整理する
  3. 言いなおす

3回も頭を使うので、単純に勉強効率は3倍になります。

かなり差が出ると思いませんか?

 

教えるってことは、自分が知っていることを知らない人に話すわけです。

自分と同じレベルで話しても、相手は「???」ってなります。

 

だから相手のレベルに合わせる必要があり、分かりやすく伝えることで自分の理解がさらに深まります。

大学の教授も自分で書いた論文を小学生でも理解できるように書き直したらめっちゃ良いと思うんですが。笑

 

勉強できる人ほど頭が良くなる理由

 

もうお分かりだと思いますが、

勉強できない人が勉強できる人に「勉強教えてー」というからどんどん頭が良くなる

というのが真実。

 

勉強できない人は、

「〇〇さんに勉強教えてもらえてラッキー」

と思っているでしょうが、一番得をしているのは教えている〇〇さんの方です。

 

最速で知識を身に付けるためには

 

最短最速で知識を身に付けたい場合は、どんどん教えていきましょう。

読書をする、教えるを繰り返すだけでもどんどん知識が定着していきます。

 

 

「教えられるほど勉強してないよ」

と思ったあなたも大丈夫!

 

僕の例を出しましょう。

例えばこの記事。

自意識過剰の人が自然体で生きるために必要な考え方【マインドセット「やればできる」の研究】

 

僕はこれを、本を読んでから即記事にしました。

読んだだけ、実践はしてません。

でもやった。

 

そしたら知識が定着して、1回読んだだけなのに今でも覚えています。

動画も撮って喋ったので、めちゃくちゃ知識が整理されました。

 

なので今「内容教えてよ」って言われても話せますし、構造を理解しているのですぐに思い出せます。
(なんなら応用までできる)

 

 

本1冊がハードル高いなら、1章とかも全然あり。

ブログ1記事とかでもいいし、YouTube見て学んだことでもいいです。

 

とにかく学んだことを話す、書く、教える。

これが圧倒的な差を生みます。

 

大学生の今たくさん勉強して、どんどんアウトプットして稼いでいきましょう。

特にネットビジネスはアウトプットしたもん勝ちです。

 

ブロガーもYouTuberもインフルエンサーも、アウトプットしまくっていたから世間に認知され、膨大なお金を稼いでいます。

 

どんどんアウトプットしていきましょう。

 

まとめ

 

・勉強ができる人は勉強ができない人にアウトプットするのでどんどん頭が良くなる

・みんなアウトプットをしてない

・どんな知識でもいいからインプットした瞬間にアウトプットしよう

・ブログやYouTubeにコメントすることから始めるのがおすすめ

 

読書してすぐブログに書いたり動画にするのは個人的に超おすすめです。

1回読んだだけで割と覚えていることに自分でもビビってます。笑

YouTubeではこういうのをメインにやっていこうかな。

 

PS.

色々語ったくせにって感じですが、最近ブログの更新が途切れがちなのはインプットが足りてないからですw

僕はもう少しインプットに時間を使って記事更新していきますねw

コミュ障大学生が月70万稼ぐことができたわけ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です