【9割の人は知らない】ネットを使ってたった30分で1万円稼ぐ方法

ハピタス
あーむー

こんにちは。

コミュ障が原因で就職から逃げたら会社員の給料超えちゃったあーむーです

1日1時間で月70万稼げるようになった詳しい話はコチラ

 

「インターネットで本当にお金って稼げるの?」

「インターネットでお金を稼ぐイメージがわかない」

と思ったことはありませんか?

 

これまでだと学生はアルバイトくらいしかお金を稼ぐ方法がなかったので、

急に「ネットでお金を稼ぐ」と言われてもポカーンとしてしまうと思います。

 

 

ということで今回は、インターネットでお金を稼ぐ一番簡単な方法を紹介したいと思います!

ただしこれは何度もできる手法ではないので、これを貯金したり贅沢したりするのではなく、ぜひ自分の将来のために使ってください!

 

ハピタスでネットからの初報酬

 

やることは簡単で、ハピタスというポイントサイトに登録します。

 その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

※画像をクリックするとサイトに飛びます

 

会員数が数百万人いて、ぼくも3年前からよく利用しているサイトです。

 

ネットで物を買ったりサービスを申し込んだりするときに、ハピタスを経由することでポイントがもらえます。

そしてこのポイントが1pt=1円で振り込みができるので、実際にインターネットでお金を稼ぐことができるわけです。

 

実際に手順を解説します。

 

※会員登録、案件の探し方などを動画撮りました。

スマホでやる場合は動画の方が見やすいです。

 

1.会員登録する

 

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス 

この画像をクリックするとハピタスのサイトにジャンプするので、そこから新規会員登録ができます。

電話番号認証なども使っているので、セキュリティにはかなり気を使っている感じですね。

 

ハピタスを経由してサービスを利用する

 

会員登録が済んだら、実際にハピタスでお金を稼いでみましょう!

まずトップページで「サービス」をクリックするとこのように表示されます。

ハピタス

めちゃくちゃたくさんのサービスが出てくると思います。

  • 美容
  • 資格
  • 仕事
  • クレジットカード
  • FX
  • 銀行
  • 音楽
  • etc…

 

とりあえずインターネットで何か購入したり予約とかする際は、一度ハピタスにないか確認すると良いです!

 

やり方は簡単で、ハピタス内で自分が利用したいサービスを検索して

「ポイントを貯める」

ボタンをクリックするとサイトに飛べるので、そこから手続きを済ませればOK。

ハピタス

 

しかしほとんどのサービスが金額的に小さいので、稼ぐなら「クレジットカード」が楽。

FXなどもありますが、あれは口座を作ったうえで取引しないといけないのでちょっと面倒です。

余裕があればFXもやればいいかなと言う感じ。

 

あと時代の流れ的にもキャッシュレス決済が今後主流になる(政府が推し進めている)ので、クレカは持ってた方が便利です。

 

 

僕はこの仕組みを活用してクレジットカードを10枚以上は作ったので、今はクレカの申し込みはほとんどやっていません。
(一度に作りすぎると危険なので、月に1~2枚が無難)

 

あと、クレカは作ったとしても別に必要なければ家に放置で良いです。

文句言われたりしません。

年会費無料のカードを作ればお金もかからず気にしなくていいので楽ですよ~。

 

あーむーの活用例

 

僕は作りすぎてクレカではあまり稼げなくなったので、今は普段の生活でタイミングを見つけてちょこちょこ使ってます。

僕が登録しているお気に入りはこんな感じ

ハピタス

プロテイン飲んでるので、マイプロテインの5%はめっちゃ大きいです。笑

 

楽天市場

 

自分用に家電を買ったり、親から買い物をお願いされたときにハピタスを経由して楽天で買い物してます。

ポイントは購入額の1%ですが、侮るなかれ・・・

 

今は値段の高いものほどネットで買うほうが安かったりするので、

親が買い物するときに「俺がネットで買うからお金頂戴」と言えば、親は安く買えるし自分はポイントだけもらえます。

 

さらにクレジットカードも作っていればそれで決済して、カードのポイントとハピタスのポイント両方もらえるわけです。

 

いいお小遣い稼ぎにはなるんじゃないでしょうか?笑

 

ヤフーショッピング

 

ヤフーショッピングも超たまに使うので、その時はしっかりハピタスを通してポイントもらってます。

 

楽天トラベル

 

旅行するときは結構お金がかかるので、1%でもそこそこ貯まります。

 

あと旅行するときは楽天トラベルで交通費を比較してみてください。

飛行機の予約サイトで旅行に行くのとあまり値段が変わらないとかよくあります。

 

なんなら、

予約サイトでLCC予約したときの往復交通費と、楽天トラベルの往復交通費+宿泊費がほぼ同じとかありますから。

これマジです。

 

しかも飛行機はANAJALで選べます。

それなのに値段同じとか意味不明です。

 

 

「飛行機取って~」「宿取って~」ってやるの結構めんどくさいので、どうせなら1回でどっちも予約した方が楽ですよ!

 

マイプロテイン

 

僕は体が細いので、どうにか体重増やして筋肉付けたいなーと思いプロテイン飲んでます。

知り合いからマイプロテインの噂を聞きサイトをのぞいてみたのですあが、めちゃくちゃ安い!

 

日本で売ってるプロテインの半額くらいで買えます。

味も問題なし(ちょっと甘いけど)。

興味があったらサイトを見に行ってください。

 

最初は直接サイトから購入していたのですが、あとでハピタス使えることに気づいて数カ月に1回使ってます。

 

 

基本はあったらラッキーくらいで使ってますが、「塵も積もれば山となる」という言葉もあるように、結構貯まりますよ。

 

なぜこんなことが成立するのか?

 

普通に紹介してきましたけど、これ結構怪しいと思いません?

 

「なんでハピタスを経由するだけでお金がもらえるんだ!おかしい!」

「何か裏があるんじゃないか?怪しい!」

と思われる人もいるはず。

ということで構造の説明です。

 

ハピタスは紹介者

 

企業は自分の商品やサービスを購入してもらいたいなら、みんなに見られなければなりません。

しかし商品やサービスを作っても、それを自分たちで広めることができない(マーケティングができない)会社が多いんです。

 

だから、会員が数百万人いるハピタスにお金を払って、「これを紹介してください。お願いします」と言って企業がハピタスに広告を出すわけです。

 

ハピタスに出ているものは全て広告です。

 

で、その企業がハピタスに支払っている広告費の一部が、僕らユーザーに還元されてるということになります。

 

面白いですよね。

 

クレカやFXは長期的に回収

 

クレジットカードやFXを扱うと一気に数千円とか数万円とかもらえますが、

これも計算されているので、あの額を支払っても企業的には全く問題ないです。

 

例えばクレジットカードを例に出すと、クレジットカード会社の収入源は決済手数料。

 

決済時の手数料だと数%、リボ払いだと数%~15%くらいまで手数料がかかるので、これらをカード利用者に使ってもらえば数千円なんて簡単にペイできます。

これがカード会社の狙いです。

 

なので別にあなたがハピタスで数千円数万円稼いだところで、カード会社は他の人から稼げるので別に問題ありません。

 

せっかく知った知識なので活用したほうがお得ですよ!

 

まとめ

 

・ハピタスを経由することで紹介料がもらえる

・コツコツやってると地味にポイントが貯まる

・企業の広告費の一部をもらっているだけ

・カード会社は長期的に見て費用を回収している

 

こういうサービスを活用できる人は強いです。

物販も現金があったほうが早く売上を拡大できるので、ハピタスを活用して初期資金を作っていきましょう。

 

ネットでお金を稼ぐ体験を通して、ぜひネットで稼ぐ感覚を手に入れてください!

 

僕が開始6か月で月23万稼いだせどりの話

大学生はせどり転売で稼げ!沖縄の学生が開始6か月で月23万稼いだ方法

1日3時間で月30万稼げるようになった方法を無料で公開中

 

大学1年の時にコミュ障で友達のいないぼっち大学生だった僕が、

周りにばれることなく1人で起業して開始6か月で月23万、その1年後には月収70万円の収入を得ることができました。

 

今では学校やバイトの疲労がたまる人間関係から解放され、自分の好きな人とだけ関われる生活を送れています。

また、少しずつ素直な本当の自分をさらけ出すことができるようになってきました。

 

精神的にすごく楽だし自分をさらけ出せることが自信になるので、

過去の僕みたいに人間関係の中で生きづらさを感じている方に

「自分の力で稼いで無理に人と関わらなくても生きていくことは可能である」

ということを知ってほしくて、僕の気持ちを込めた記事を書きました。

 

僕がどんな生活をしているのか、

僕がお金を稼げるようになって変わったこと、

どうやってお金を稼いでいるのかなど、

具体的な内容が気になる方は下の画像から読める記事をぜひご覧ください↓

次世代

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です