成果が出ない人ほど守れていない最短最速で成功するための原則とは?

原則
あーむー

こんにちは。

コミュ障が原因で就職から逃げたら会社員の給料超えちゃったあーむーです

1日1時間で月70万稼げるようになった詳しい話はコチラ

 

僕は早く成功したいがために、”マルチタスク”という言葉が好きで、いろんなことを同時に進めて全部一気にやっていた時期がありました。

 

特に高校生でネットビジネスを始めたての頃は、

  • ブログを書いて
  • メルマガを書いて
  • LPを作って
  • プロフィール書いて
  • ツイッター運用して
  • ブログのデザインどうしようかなー

ということを同時にやってました。

 

するとどうなったかというと、なーんにも進みません。

  • ブログは1週間に1度くらいしか更新できないし
  • メルマガ書いてたら1日終わるし
  • デザインの知識がないので1から勉強しないといけないし
  • プロフィールも書き方が分からずに下書きのまま

ブログが更新できずアクセスも集まらないので、すぐに挫折。

 

「は~、俺ってなんでこんなに根性が足りないんだろう・・・」

と思ってました。

 

 

違う、そうじゃない。やりすぎなんだよ。

 

 

僕は別に才能があるわけでもないし、勉強もそこまで効率よくできるわけでもない。

そんな奴が、同時に複数のことをやったことに問題がある。

 

ただそれだけのことなんですよね。

 

なので「これまで何かに挑戦したけどあまり成果が出なかった」という方は、マルチタスクを辞めればサクッと成果が出たりする場合があるわけです。

 

ということで今回は、何かをやり遂げるために必須の原則を話します。

 

新規活動1つ、維持活動1つの原則

 

マルチタスクができる人はほとんどいません。

自分が周りと比べようもないくらいの天才だと思うならやればいいと思います。

 

しかし僕らは凡人なので、やることを絞って1つ1つこなしていく必要があるわけです。

 

そこで僕が実際に使っていた原則がこちら。

新規活動1つ:新しくやること

例:ブログ、起業の勉強、物販、etc…

維持活動1つ:今やるべきこと

例:大学の講義、バイト、会社員など、生活するために必須なもの

出典:次世代起業家育成セミナー

 

僕が起業して成功できたのは、新規活動と維持活動を決めてそれしかやらなかったからです。

やることを絞ったからこそ成功できました。

 

あーむーの例

 

僕は2018年の4月から起業するために動きましたが、その時に何をやったかというと、

 

新規活動:起業するための勉強

維持活動:アルバイト

 

これだけです。

これ以外のことはしていません。

 

過去に”維持活動:大学の講義+バイト”でネットビジネスに挑戦したときは睡眠時間3時間で死にかけたので、大学を休学してバイトだけにしました。

 

大学生は休学という手段も取れるし、実家に暮らせばお金もあまりかからないので起業には超いい環境です。

 

知り合いの学生起業家の例

 

学生起業した知り合いに聞いても、成功した人はみんなこの原則に従ってます。

大学に行きながらバイトして物販で成功した人がいるのですが、大学はほとんど行ってなかったそうです。笑

 

新規活動:物販起業

維持活動:大学生活+バイト
(しかし実際は大学放置。笑)

 

一度起業してお金を稼げることが分かると、そりゃあのめりこみますよね。笑

 

学生は成功しやすい

 

学生でお金が稼げるようになると、バイトを辞めて大学生活を楽しんでもいいし、大学行かなくてもよくね?という選択肢も出てきます。

そのまま事業拡大したり次の事業を起こせばお金稼げるわけですからね。

 

 

そもそも大学自体、将来お金を稼ぐために有利だから通っているだけの人が多いんじゃないでしょうか?

高卒だと給料少ないけど、大卒だと給料高くなるから、とりあえず行く。みたいな。

大学に行くメリットって、大卒資格か研究者になることくらいだと思います。

 

 

大卒資格は自分でお金が稼げるなら必要ないので、稼げるようになったらやめてもいいと思っている派です。

休学という手段も取れるわけなので、自分の力で稼ぎながら様子見たらいいです。

 

実際に僕がそれやってますからね。

大学は最大4年間休学できるので、その間にいろいろ挑戦しまくって、結果を見て自分で決めるつもりです。

といってもほぼ起業家として生きていく気しかないですが。笑

 

 

混乱するので、大学生が取れる手段をまとめます。

起業前

  • 休学する
  • 起業の勉強する
  • バイトしてお金を貯める
  • 大学に使う時間を最低限にする
  • 実家で暮らす

 

起業後

  • 大学を卒業する
  • 大学を辞める
  • バイトを辞める
  • 1人暮らしをする
  • 就職する
  • もっとお金を稼ぐ
  • もっと勉強する
  • 旅行に行く
  • etc…

 

ようは何でもできるわけです。笑

 

学生は選べる手段が多いし、ネットで起業すればリスクもないので挑戦できる環境が整ってます。

あとは今回説明した”新規活動1つ、維持活動1つ”を意識して行動するだけです。

 

家庭を持つと起業が難しくなる

 

今回のテーマである”新規活動1つ、維持活動1つの原則”から考えると、家庭を持った状態からの起業が難しいかが分かります。

 

 

会社員男性の場合を想定しましょう。

妻がいて、子供が一人。

そこから起業しようと思うと、

 

新規活動:起業の勉強

維持活動:会社員、子供との時間、妻との時間

 

これ全部やるのめちゃくちゃきついです。

というか、これだから成功できません。

 

 

家庭持ちの会社員が起業するためには、

最初に妻や子供との時間を捨てることから始まります。

これがなかなかに大変。

 

「成功するまで妻や子供との時間が取れない」

「子供が大きくなるのに、こんなことをしていて本当にいいのか?」

 

おそらく毎日葛藤すると思います。

コミュにケーションが取れないので、家庭崩壊するかもしれません。

 

成功するまでこのプレッシャーに耐え続けなければなりません。

 

だからこそ、学生で身軽なうちに全力で挑戦するのが絶対いいです!

 

 

僕の父も起業してみたいそうですが、生活が懸かっているのでなかなか行動に移せてません。

マジで早い段階で行動していてよかったです。

 

まとめ

 

・マルチタスク、ダメ、絶対

・成功するには”新規活動1つ、維持活動1つの原則”を守る

・学生は成功しやすい環境にある

・家庭を持つと人生逆転が難しくなる

・身軽なうちに成功しよう!

 

ちなみに僕の今の生活は、

新規活動:ブログを書く

維持活動:物販

となっています。

 

彼女との時間は同棲なので無視できるレベル。

遊びに行ったりはしてません。

彼女的にも満足みたいなのでいい感じです(^^)

1日3時間で月30万稼げるようになった方法を無料で公開中

 

大学1年の時にコミュ障で友達のいないぼっち大学生だった僕が、

周りにばれることなく1人で起業して開始6か月で月23万、その1年後には月収70万円の収入を得ることができました。

 

今では学校やバイトの疲労がたまる人間関係から解放され、自分の好きな人とだけ関われる生活を送れています。

また、少しずつ素直な本当の自分をさらけ出すことができるようになってきました。

 

精神的にすごく楽だし自分をさらけ出せることが自信になるので、

過去の僕みたいに人間関係の中で生きづらさを感じている方に

「自分の力で稼いで無理に人と関わらなくても生きていくことは可能である」

ということを知ってほしくて、僕の気持ちを込めた記事を書きました。

 

僕がどんな生活をしているのか、

僕がお金を稼げるようになって変わったこと、

どうやってお金を稼いでいるのかなど、

具体的な内容が気になる方は下の画像から読める記事をぜひご覧ください↓

次世代

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です