やりたいことがない人は撃って撃って撃ちまくれ!?「撃ってから狙え理論」

道は開ける
あーむー

こんにちは。

コミュ障が原因で就職から逃げたら会社員の給料超えちゃったあーむーです

1日1時間で月70万稼げるようになった詳しい話はコチラ

 

「何か始めたいけど、たくさんあって迷うな」

「物販が面白そうだからまずは情報集めてみるか」

「練習でうまく行ったら試合に出よう」

 

と思うことってありませんか?

 

僕の場合だと、

「〇〇に興味はあるけど、よく分かってないからとりあえず情報調べてから考えるかー」

ということがよくありました。

 

 

特に、失敗したくない人ほどこの傾向が強いです。

 

中学高校の僕はこの謎の縛りプレイに苦労しましたね。笑

 

例えば僕がパズドラをやっていた頃は、勝てるようになるまで降臨チャレンジにほとんど挑戦しませんでした。

モンスターのレベルを上げ、スキルを上げ、ガチャで強いキャラを引いていく。

コツコツ強くして、ネットで調べたおすすめパーティに近づくまでチャレンジしませんでした。

 

理由は単純で、負ける(失敗する)のが嫌だったから。

今の僕だと「ゲームだし別に負けても死なないしとりあえずやってみようぜ」といえるのですが、当時の僕は無理でした。

 

しかし、結果的には僕より後から始めた友達のほうが、チャレンジして勝利して新しいモンスターをゲットしていました。

僕のほうがランク高いけど、チャレンジしないからモンスターも少ないただの雑魚でしたね。

 

 

コツコツ頑張ってきたのに一瞬で追い抜かれるのってかなりしんどいです。笑

しかし、こうやって一気に伸びていく人ほど無意識にやっていることがあるんですよね。

 

それを僕はこう名付けました。

 

撃ってから狙え理論

 

まずは撃つんです。

撃ってから狙う。

これが超大事。

 

”狙ってから撃つ”のほうが良さそうに思いますが、それは弾が1発しかない場合のみです。

チャンスが1度しかないなら狙って撃つしかありません。

 

 

しかし今の時代、チャンスが1度しかないことってありますか?

「告白して1度でもフラれたら、あなたは一生恋愛できません!」

という縛りプレイあります?w

 

そんなことないですよね。

今は何度だってチャレンジできます。

フラれたらタイミングを変えてまた告白すればいいし、他の人と出会ってその人に告白すればいいだけです。

 

まずは撃て

 

例えばセンター試験。

センター試験って1回しか受けちゃダメですか?

そんなわけないですよね。

時間はかかりますが、何度でも浪人して再受験できます。

 

あと大学受験するのに、センター試験の過去問を解かない人っています??

どんな試験なのか分からないまま試験受けるほうが怖いですよね。

 

むしろ最初に過去問を受けて、

「こういう問題が出てくるのか。」

という感覚をつかむために1度は解きますよね。

 

これが”撃つ”ということです。

まずはやってみるんですよ。

 

例えば僕が最初にお金を稼いだのは、ハピタスと家の不用品を売ることでした。

ハピタスで1万円稼ぐ方法

不用品販売したら時給6000円だった話

 

めちゃくちゃ簡単です。

簡単なことから始めましょう。

 

僕は仕組みはよく分からないけど、稼げると言われたからとりあえずやってみました。

ミスっても逮捕されたりとかしません。

普通に説明みながらやるだけです。

 

 

不用品販売なんて、家にあるいらないものをスマホで写真撮ってメルカリで投稿するだけですよ。

今の大学生なら誰でもできると思います。

  • 高く売るコツは?
  • どういう写真の撮り方がいいのか?
  • 説明文はどのように書けばいいのか?

こういうのはあとからでいいんです。

まずは”撃て”

 

撃った後に狙え

 

知らないままメルカリに出品してみた!

すると、必ず何かしら学ぶことがあるわけです。

 

 

もしもすぐに売れてしまったなら、

「安く売りすぎたのかな?」

「珍しい商品だったのかな?」

と考え、似たような商品の相場や、他にも出品している人がいるかどうかを調べていけばいいです。

 

もしも全然売れないなら、

「値段が高かったのかな?」

「これには需要がないのかな」

と考え、似たような商品の相場や、他の似たような商品が売れているかどうかを調べていけばいいです。

 

これが”狙う”ということ。

 

鉄砲で例えると、1発撃ってみたら少し上だった。

だったら次は少し下を狙おう。

ということです。

 

当たり前ですよね。笑

何かを始めるときに必要なことって、ただこれだけなんです。

 

  1. メルカリに出品してみた。
  2. 売れなかった。
  3. どうやったら売れるかを調べた

ただこれだけ。

超シンプル。

 

何か始めようと思ったら、まずは撃ってみよう。

 

 

僕がYouTubeを始めたときもそうでした。

とりあえずiPhoneの画面録画使って喋ってみた。

途中で言葉が詰まってたから動画を止める。

「次どうしたらいいかな?」

と考え、喋る内容の見出しをパソコンに書いてから喋った。

5分くらいの動画を1本とることができた。

終わったらのどが痛かった。

「どうしたらのどが痛くならないだろう?」

と考え、腹式呼吸を意識して喋ってみた。

etc…

こんな感じで、ひたすら撃っては狙うわけです。

言葉を変えると、行動と修正の繰り返しと言えますね。

 

行動と修正を繰り返せばどんどんできるようになります。

なので、チャレンジした人が自動的に勝ち上がっていくんです。

 

 

ぜひ失敗を恐れずどんどん撃ちまくりましょう。

撃ちまくって修正しまくっていればいずれ的に当てることができますよ!

 

まとめ

 

・行動できない人はまず軽い気持ちで撃ってみる

・撃ってみたら結果が分かるので、それを見て狙う

・言葉を言い換えると「行動と改善を続けよ」ということ

・成功する人はみんなこれをやっている

 

小さな行動、小さな改善でいいので、少しずつ前に進んでいきましょう(^^)

 

途中で貼ったすぐできる稼げる方法を貼っておきます。

【時給6000円!?】お金を稼ぎたい人が一番最初にやるべきことは部屋の片づけである(全員)

【ネットでお金を稼ぐ感覚を身に付ける】たった30分で1万円稼ぐ方法

1日3時間で月30万稼げるようになった方法を無料で公開中

 

大学1年の時にコミュ障で友達のいないぼっち大学生だった僕が、

周りにばれることなく1人で起業して開始6か月で月23万、その1年後には月収70万円の収入を得ることができました。

 

今では学校やバイトの疲労がたまる人間関係から解放され、自分の好きな人とだけ関われる生活を送れています。

また、少しずつ素直な本当の自分をさらけ出すことができるようになってきました。

 

精神的にすごく楽だし自分をさらけ出せることが自信になるので、

過去の僕みたいに人間関係の中で生きづらさを感じている方に

「自分の力で稼いで無理に人と関わらなくても生きていくことは可能である」

ということを知ってほしくて、僕の気持ちを込めた記事を書きました。

 

僕がどんな生活をしているのか、

僕がお金を稼げるようになって変わったこと、

どうやってお金を稼いでいるのかなど、

具体的な内容が気になる方は下の画像から読める記事をぜひご覧ください↓

次世代

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です