せどり初心者は店舗と電脳どっちから始めたらいいの?【おすすめと絶対NGなこと】

店舗せどり 電脳せどり
あーむー

こんにちは。

コミュ障が原因で就職から逃げたら会社員の給料超えちゃったあーむーです

1日1時間で月70万稼げるようになった詳しい話はコチラ

この記事はこんな人におすすめ
・せどりを始めたいと思っている
・店舗と電脳どちらがいいか迷っている
・成功しやすいやり方を知りたい

 

僕は店舗せどりで開始6ヶ月目に月23万。

その後電脳せどりに移行して約1年で月70万稼ぐことができました。

 

今回はそんな僕の視点から、せどり初心者は最初どれから始めるべきか?という事について書いていきます。

 

店舗→電脳の流れが鉄板

 

最初に言っておくと、車がない人は店舗難しいので電脳から始めるしかありません。笑

しかし、車があって店舗に行けるのであれば、僕は店舗から始めることをおすすめしています。

 

なぜかというと、最終的には電脳せどりをしたほうが時間もお金も確保できて良いのですが、

利益率の低さやライバルの多さでキャッシュフローが厳しくなる場合があるからです。

僕の場合は店舗せどりの経験で仕入れに慣れていたのと、そこで資金を用意出来てキャッシュフローに余裕を持つことができました。

 

もし最初から電脳せどりをする場合は、先に全力でバイトして現金を用意しつつ、

ある程度キャッシュフローが安定するまではバイトしながら仕入れをした方が安心だと思います。
(現金20万以上は欲しい)

 

その点を踏まえたうえで、店舗せどりと電脳せどりそれぞれのメリットを語っていきます!

 

店舗せどりから始めるメリット

 

僕が店舗せどりをおすすめする理由は3つです。

  1. ライバルが少ない
  2. 利益率が高い
  3. 超低価格で仕入れができる

 

ライバルが少ない

 

店舗せどりは初心者でもかなり仕入れやすいです。

なぜかというと、電脳は全国の人が仕入れできるのに対し、店舗はその地域の人しか仕入れに行けないからです。

 

例えば電脳の場合、セールで仕入れをしようとすると全国のライバルが同じ商品に群がります。

結果、大幅に値崩れしてみんな儲からないと。笑

 

しかし店舗の場合は、沖縄でセールをやっていたとしてもライバルは沖縄のせどらーだけです。

まあ東京だと千葉や埼玉からのライバルもいるかもですが、ネットのセールに比べればかなりましですよね。

 

しかも店舗だと個数制限がなければ買い占められるので、1人で全部買っちゃえばライバルは増えません。笑

 

あまりライバルを意識せず自分との戦い(仕入れ判断)で成果を上げられるのが店舗仕入れのいいところです(^^)

 

利益率が高い

 

店舗は電脳に比べて利益率が高いです。

僕の体感だと、5~10%くらい変わります。笑

 

5~10%がどれくらい変わるかというと、

例えば100万円の売上をあなたが出したとして、

利益率15%⇒利益15万円

利益率20%⇒利益20万円

ということになります。
(前者は電脳、後者は店舗で仕入れるときの目安になる利益率)

 

同じ金額を売り上げても、利益額が5万円も変わっちゃうということです!

5万円って結構な差ですからね。笑

面白い例を出すと、
・月商200万円の利益率15%
・月商100万円の利益率30%
これ、どちらも利益額は同じ30万円なんですよね。笑

なんなら、
・月商1000万の利益率3%
も同じく利益は30万円ですw

せどり転売で”月商”はあまり重要ではないので、それしか言わない人には要注意です。

もしかしたら、
「月商1000万!利益0!」
かもしれませんよw

 

ちなみに僕が6カ月目に月23万円稼いだ時は、利益率が28%くらいありました。

中古品を組み合わせると30%を越えたりするので、仕入れに慣れてくるとリサーチが超楽しくなります(^^)

 

超低価格で仕入れができる

 

これは僕が電脳せどりをやり始めてから気づきましたが、数百円で仕入れができちゃうのは店舗せどりの良いところです。

 

電脳で数百円の物を仕入れると、ライバルで溢れるしほとんど見つかりません。

安くても3000円とかします。
(そのうえ利益は300円とか400円という・・・)

 

僕が店舗で仕入れた詳しい商品などはこの記事に載せているのですが、

偏差値40大学生あーむーが時給2万、月商410万円を達成できた理由【物販ノウハウプレゼント】

店舗せどりは仕入れ値300円とか、500円とかよくあります。

 

それでいて利益も同じ300円とか500円、場合によっては仕入れ値以上に出てきます。

 

3000円で仕入れて300円の利益と、300円で仕入れて300円の利益は全然違いますよね。笑

その差10倍ですw

 

でも事実として、店舗せどりはこういうのが結構あります。

中古のジャンク品や廃盤の日用品や化粧品などは要チェックです!

僕は以前ドンキに仕入れに行ったとき、100円仕入れ3000円売りの商品とかを仕入れたことがありますw
100円で利益2000円ほど出ましたw

 

資金が少ない人でもこういう細かい商品を積んでいけば、効率よく資金を増やしていくことができます。
(この場合はかなり労働することになりますが。笑)

 

僕も大学生で初期資金は60万円ほどしかありませんでしたが、それでも月23万の利益は出せましたからね。
(カード枠50万円、バイトでの貯金10万円)

 

クレカの支払いにビビる人は、こういうところから攻めていって少しずつ販売に慣れていけばいいと思います(^^)

 

店舗せどりの弱点

 

店舗せどりは利益率の高い仕入れはできるのですが、肉体労働なのと移動時間のロスが大きいです。

毎日店舗に行ってリサーチしてというのは楽しいんですが、大変ですし移動時間は仕入れできないので時給が下がります。

 

僕が店舗せどりをやっているときは充実感あって楽しかったのですが、

僕自身せどりを一生やるわけではなく別の事業を早く始めたかったのと、

肉体的な疲労と労働時間から解放されたかったので電脳せどりに移行しました。

 

電脳せどりのメリット

 

電脳せどりのメリットは2つです。

  1. 完全在宅で完結
  2. 時給を高められる(実力次第)
  3. 時間を生み出しやすい

 

完全在宅で完結

 

電脳せどりの一番のメリットは完全在宅ワークなところですね。

 

普段のネットショッピングと同じような感覚で仕入れをして、仕入れた商品は家に届くので持ち運ぶ労力はほぼなし。

Amazonに送るための段ボールもネットで買っちゃって、梱包したら集荷を呼べばOK。
(店舗も同じことできますが。笑)

 

引きこもりでも稼げます。笑

 

時給を高められる(実力次第)

 

僕が物販の講師をしている『次世代起業家・経営者アカデミー>>では、物販で月収の高い人はほぼ電脳仕入れなんですよね。

特に1人で物販をやる場合は、店舗よりも電脳の方が月収の上限は高いと思われます。

1人の場合は時間の使い方が超重要なので、車の移動時間がかかる店舗せどりよりもリサーチに集中できる電脳せどりの方が時給は高くなりやすいです。

 

上記のアカデミーで月収150万円を安定して稼いでいる時給5万円越えの先輩がいますが、やはりリサーチ力が段違いです。

 

たまに話を聞くこともありますが、僕は言ってることを理解するまでに時間がかかります。笑

 

 

結局せどりというのは、

「利益の出る商品をいかに効率よく仕入れることができるか?」

が収入を決めるので、自分のリサーチ能力を上げることで月収は伸びていきます。

 

これは店舗も電脳も共通しているので、自分の時給を高める意識で常にリサーチするようにしましょう(^^)

 

時間を生み出しやすい

 

店舗せどりは仕入れるお店の営業時間が決まっているので、仕入れる時間帯がどうしても限られてしまいます。

 

その点電脳せどりは、24時間ネットで仕入れができるので時間の融通が利きやすいです。

また、店舗せどりの移動時間分が無くなるのでそこの時間も生まれます。

 

 

僕自身店舗せどりをやっていた時はもうそこに必死で、他のことに使う時間がほとんどありませんでした。笑

 

毎日8時間以上は仕入れをして、

帰宅したら車に詰め込んだ商品を2階の家まで持ち運び、

ご飯を食べ風呂に入り、

仕入れた商品の納品作業を終わらせて、

寝て、

次の日は仕入れに行くついでに郵便局で仕入れた商品の発送。

土日になったら9時17時でバイト。

 

こういうルーティーンで生活してましたね。笑

 

 

しかし、電脳せどりに切り替えてからは、移動時間がなく仕入れの時間にも融通が利くようになりました。

 

その結果、勉強する時間も取れましたし、

仕入れを効率化するために考える時間も取れましたし、

結果的に1日3時間に労働時間を減らせました。

 

 

せどりがゴールではなく、他のことにも時間を使いたい人は電脳せどりがおすすめです(^^)

 

電脳せどりの弱点

 

電脳せどりの弱点は、基本的には先ほど紹介した店舗せどりのメリットの部分になります。

  • ライバルが多くなる
  • 利益率が低くなりがち
  • 超低価格の仕入れは難しい

 

ただ、ライバルや利益率は仕入れ先を変えたりひと手間加えたりして差別化できれば、あまり問題にはなりません。

特に電脳の場合は売れやすい商品を仕入れることが多いので、そういうのを狙えばライバルがたくさんいても売れていきます。笑

 

どちらかというと電脳の場合は、利益率よりもキャッシュフローを回す意識の方が強いですね。

物販で利益より大事なキャッシュフローと損切りについて【これを知らない人はやばい】

 

ライバルが増えて値下がりしたからといって、

「売りたい価格まで待つか~」

というのを初心者でやるとキャッシュが死にます。笑

 

そうではなく、トータルで利益が出ればいいという考えで、多少赤字になってもキャッシュフローを優先に回していくことが大事です。

 

 

大学生が電脳せどりやる時の弱点

 

個人的な考えとしては、大学生が電脳せどりをやる時の壁はクレジットカード枠かなと思っています。

大学生ってクレカ自体は作りやすいんですが、枠は超少ないです。笑

 

僕はこれまで15枚くらい作りましたが、作った理由は枠が全然増えなかったらからなんですよね。

1枚作って10万とか20万とかなので、全然足りない。

 

もし電脳せどりで月20万くらい稼ごうと思ったら、クレカ枠が80万は欲しいです。

また、それを毎月やるとなると160万くらいは必要かなー。

 

これをどう生み出すかがカギ。

 

 

まあでも、僕の経験則から枠の増えやすいクレカはある程度わかっているので、下記で紹介しているクレカを作れば大丈夫です。笑

せどり転売で効率よく稼ぐためにクレジットカードを使い分けろ!【大学生でも作れるおすすめカードも紹介】

 

ちなみに僕は現在クレカ枠が500万以上ありますが、恐らく一般の大学生に比べてかなり持ってる方だと思います。

これくらいあれば月30万は余裕なのですが、月70万達成したときはパンクしたのでまだ足りませんね。笑

 

せどりで稼ごうと思ったら恐らくずっとクレカ枠が付きまとうことになるので、

やる気が少しでもあるなら今からでも作っておくことをおすすめします(^^)
(年会費無料のものから作ればいいです)

 

 

あとクレカ作る時はハピタス経由がお得なので、ネットで稼ぐ前にまずはお小遣い稼ぎから始めてみてください↓

【ネットでお金を稼ぐ感覚を身に付ける】たった30分で1万円稼ぐ方法

 

絶対NGなこと

 

せどり初心者が一番やってはいけないことは、

店舗せどりと電脳せどりを同時に始めることです。

これだけはマジで挫折するし成果も出にくくなるのでおすすめしません。
(自分が天才だと思う人は勝手にやってくださいw)

 

せどりで一番難しいのは、0から月商100万円を達成することです。

多くの人はここまでこれば、あとは「せどりは簡単」とか言ってます。笑

 

なので、これを達成するために1つの手法に全エネルギーを注いでほしいんですね。

 

正直なところ、僕が0から月商100万円を達成したのと、月商100万から月商400万達成したのは同じくらいの難易度でした。

人によっては、「0⇒100万と、100万⇒500万にかける労力は同じくらい」という人もいますからね。

 

それくらい月商100万円の突破は大事です。

なので、わざわざ自分から難易度を上げるのではなく、素直に1つの手法に絞って最短距離で成功して欲しいと思います(^^)

 

せどりで稼ぎたいなら一つの手法い集中して取り組もう

 

色々語ってきましたが、ぶっちゃけ大事なのはこれです。

他の手法に惑わされず、自分の手法を信じて月商100万円を達成できるかどうか。

 

最初に持論を語っててなんですが、店舗でも電脳でもどちらでもいいです。笑

月商100万円を一度達成してしまえばほぼ大丈夫なので。

 

まずは月商100万円という最初の壁を突破してください。

月商100万円を達成した瞬間に、あなたの人生は大きく変わりますよ(^^)

 

1日3時間で月30万稼げるようになった方法を無料で公開中

 

大学1年の時にコミュ障で友達のいないぼっち大学生だった僕が、

周りにばれることなく1人で起業して開始6か月で月23万、その1年後には月収70万円の収入を得ることができました。

 

今では学校やバイトの疲労がたまる人間関係から解放され、自分の好きな人とだけ関われる生活を送れています。

また、少しずつ素直な本当の自分をさらけ出すことができるようになってきました。

 

精神的にすごく楽だし自分をさらけ出せることが自信になるので、

過去の僕みたいに人間関係の中で生きづらさを感じている方に

「自分の力で稼いで無理に人と関わらなくても生きていくことは可能である」

ということを知ってほしくて、僕の気持ちを込めた記事を書きました。

 

僕がどんな生活をしているのか、

僕がお金を稼げるようになって変わったこと、

どうやってお金を稼いでいるのかなど、

具体的な内容が気になる方は下の画像から読める記事をぜひご覧ください↓

次世代

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です