「大学生でお金ないけどせどり転売を始めたい!」初期資金は◯◯円あればOKです

せどり初期資金
あーむー

こんにちは。

コミュ障が原因で就職から逃げたら会社員の給料超えちゃったあーむーです

1日1時間で月70万稼げるようになった詳しい話はコチラ

この記事はこんな人におすすめ
・せどりを始めるために資金はいくら必要か知りたい
・初期資金が少なくて不安
・初期資金を用意する方法を知りたい

 

せどり転売は「安く買って高く売る」ビジネスなので、先に自分で商品を仕入れる”資金”が必要です。

しかし大学生だと、貯金もクレカもそんなに持ってないんですよね・・・笑

 

でも、大丈夫です。

僕は今でこそ資金も増えてクレカの枠も600万以上ありますが、初期資金は他の大学生とほぼ変わりませんでした。

なので、あなたにも絶対できます!

 

初期資金は作れるし、仕入れしながらクレカ枠も増やせばいいだけなので、

この記事で学び、不安を吹っ飛ばしてガンガン稼いでいきましょう!

 

せどりの初期資金はいくら必要か?

 

おそらくこの記事を読んでいる方はまだせどりを始められていないと思うので、超簡単に必要な額を紹介します。
(売上に対する必要額は記事の後半で解説してます!)

 

せどりの初期資金は、

  • クレジットカードの枠50万円
  • 現金10万円

これだけ用意できればせどりを始めちゃってOKです!
(僕はこれで始めました)

 

現金はクレカの支払いが間に合わなかったときに使うものなので、特に初期の頃は集められるだけ集めたほうがいいです。
(僕はバイトを続けてました)

親などから借りられる場合は、「3ヶ月だけ貸して!」などと相談してみるといいでしょう。

基本的にせどりはお金を「稼ぐ」というよりも「増やす」というイメージを持つとわかりやすいです。
(考え方は投資と同じ)

100万円を120万円に、200万円を240万円に増やすのがせどりなので、最初にお金があればあるほどお金は増えやすくなりますよね?
(仮に10万しかなかったら12万円で2万しか増えない・・・)

「増やすために借りる」という点では親から一時的に借りるのは有効な手段です(^^)

 

もし「現金が足りないよ〜」という方は、僕が紹介しているハピタスや不用品販売で資金を作りましょう。

ハピタス

【9割の人は知らない】ネットを使ってたった30分で1万円稼ぐ方法

2019年11月1日
お片付け

【時給6000円!?】お金を稼ぎたい人が一番最初にやるべきことは部屋の片づけである(全員)

2019年11月18日

 

10万円くらいなら、家にあるものをかき集めれば作れるはずですよ!

 

クレカの枠は後から増やせる

 

実際に月商100万以上の売上をあげたい場合、50万のクレカ枠じゃ足りません。笑

しかし、初月から月商100万は難易度高いですし、おそらく「すぐにクレカで100万使え!」と言われてできる人は少ないと思います。

 

なので最初は小さくはじめて少しずつ利益を重ね、慣れている間にクレカの枠を増やしていけば十分間に合います。

最初から無理してたくさん用意しても仕入れて売らなければ進まないので、準備ができたらどんどん行動していきましょう(^^)

 

具体的な売上目標がある人向けの公式

 

ここからは、より詳しく必要資金を把握したい人向けです。

ここでの必要資金は、主にクレジットカード枠の話になります。
(事業が軌道に乗ったあとの話)

 

 

せどりで必要な資金は、あなたが「どれくらいの売上を上げたいのか?」によるので、一言で「◯◯円です!」とは言えません。
(あればあるほどいいということは間違いないです。笑)

 

ざっくりと公式を作るのであれば、

【あなたが毎月欲しい売上】×【0.65】×【2】=【必要資金】

となります。

0.65はおおよその仕入れ値として書いてるので、やり方によっては0.5とか0.7になる場合もあります。

売上の内訳はだいたい、
・仕入れ値65%
・手数料15%
・残った利益20%
という感じ。

仕入れ値が70%なら利益率は15%ほどになりますし、仕入れ値50%なら利益率は30~35%くらいになります!

なぜ×2になっているかというと、「2ヶ月分の資金が必要」だからです。
クレカの支払いは約2か月後になるので、1か月目に枠を全部使ってしまうと2か月目に仕入れができなくなります。


100万円の枠があるクレカを1月に100万円分全部使う
⇒支払いは2月の後半なので、それまでクレカが使えない!2月仕入れできない!

これを回避するためには、1月に50万だけ使い、2月に残りの50万を使う、という使い方をしなければならない。
ということです。

 

例えばあなたが月商100万円(利益20万と仮定)欲しい場合は、

100万円×0.65×2=130万円

130万円のクレジットカード枠が必要になります。

 

40万の利益が欲しいなら260万必要ですし、100万の利益なら650万円は必要ですね。笑

 

基本的にせどりをしてると「クレカ枠が足りない!」とみんな言ってるので、コツコツカード増やしたり増枠申請していきましょうね!

ちなみに、僕が月商410万円達成した時はクレカ枠をほぼ使ってしまい翌月は仕入れできませんでしたw

 

クレジットカードは使い倒すべし

 

これはせどりに限らずですが、クレジットカードは便利なので使い倒しましょう。
(僕の友人たちはいまだにクレカ使ってなくて謎・・・笑)

使った金額の0.5~1%がポイントで戻ってくるわけで、仮にせどりで月100万仕入れたらそれだけで1万ポイント貯まりますw

 

せどりで大きく稼ごうと思ったら、クレジットカードは必須ですしガンガン使い倒すべきです。

 

「クレジットカードは手数料が怖い」

とか言う人がいますが、便利な道具なので知識を得て使いこなしましょう。

 

特に、僕らのようにせどりをやり始める人はだいたいお金がありません。笑

そんな中、お金があればあるほど有利な物販の世界で戦うには、クレカに頼るのが一番楽なのです!

 

理論上は現金0円でもせどりはできる!?

 

クレカは基本的に後払いなので、支払い日までに仕入れた商品を売ってお金を用意すればOK。

なので理論上では、現金がなくてもせどりはできます。笑
(環境の変化やリスクの高さもあるので僕は推奨しませんが。)

 

クレカがあることで、実際には現金を10万円しか持っていない僕らが、それ以上のお金を使うことができるようになります。

 

僕はせどり始めたときには現金とクレカを合わせて60万円使える状態でしたが、

これは要するに、10万円しか持っていない僕が、60万円ものお金を動かすことができたということです。

 

せどりはお金を増やすゲームだ

 

具体例を使って説明していきますね。

 

2つのパターンで仕入れをしていく場合、

  • 現金10万円分しか持ってない人
  • 現金10万円+クレカ50万円(計60万円)持ってる人

有利なのは圧倒的に後者ですよね?

 

 

例えば、10万円仕入れたら2万円利益が出るとします。

前者の場合、月に2万円しか稼ぐことはできません。

しかし後者は、月に12万稼ぐことができます。

 

1か月後、

  • 前者が使える金額は12万円。
  • 後者が使える金額は72万円。

2か月後、

  • 前者が使えるお金は14万4000円
  • 後者が使えるお金は86万4000円

3カ月後、

  • 前者が使えるお金は17万2800円
  • 後者が使えるお金は103万6800円

・・・

以下略

 

たった3カ月間で、資金の差が264000円にまで広がっています。

1年後には恐ろしいくらい差が開いているでしょうね。

 

この例を見ても分かるように、クレカをうまく使いこなすことで一気にお金を増やすことができます。

 

せどりは資金を増やすゲームだ

 

せどりはほぼお金のない状態から資金を増やすわけなので、わらしべ長者みたいですよね。

個人的には「成り上がり感」があって面白いです。笑

 

「もうこれ以上下に落ちることはない。やってやるぜー!」

って人がせどり始めることも多いような気がします。

 

ぜひあなたもせどりで人生成り上がりましょう(^^)

 

せどり初心者におすすめのクレカを紹介した記事はこちら

せどり転売で稼ぐのが楽になるクレジットカードの使い分け【おすすめカードも紹介】

自分の力でお金を稼げてお金・時間・人間関係のストレスが激減した方法

 

コミュ障ぼっち大学生だった僕が、

周りにばれることなく1人で起業して開始6か月で月23万、
その1年後には月収70万円の収入を得ることができました。

 

今では気を使って疲れてしまう苦手な間関係から解放され、
自分の好きな人とだけ関われる生活を送っています。

またそれによって、少しずつ素直な本当の自分を
さらけ出すことができるようになってきました。

 

精神的にすごく楽だし、
自分をさらけ出せることが自信になると分かったので、

過去の僕みたいに人間関係の中で生きづらさを感じている方に

「自分の力で稼いで無理に人と関わらなくても生きていくことは可能である」

ということを知ってほしくて、僕の気持ちを込めた記事を書きました。

 

僕がお金を稼ぐうえで一番大事だと思ったことは何か、

どういう方法で収入を得ているのか、

今のあなたが変わるために必要なものは何か、

具体的な内容は下の画像をクリックしてご覧ください↓

次世代

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です